転居補助金について

更新日:2019年04月26日

転居補助制度について

摂津市内で新たに同居・近居するために、転居する側の子世帯または親等が、令和元(2019)年7月1日以降に、市内の住宅に転居された世帯を対象に費用の一部を助成します。

※1)子世帯とは、次の世帯をいう。

・子育て世帯 :中学生修了までの子どもがいる世帯(出産予定も可)

・若年夫婦世帯:いずれもが45歳未満である夫婦世帯

※2)親等とは、子世帯の父母(継父母含む)または祖父母

※3)新築、中古、一戸建て、マンション等共同住宅のいずれも対象

 

☆申込期間・申込方法、様式などは、摂津市多世代同居・近居支援事業のページへ

 

■補助金額

上限5万円(転居に要した経費の10分の10)

 

■補助対象者

□申請日において、次のいずれかに該当すること。

1. 親等が市内に居住し、かつ市外に居住していた子世帯が、同居または近居を目的に、市内住宅に転入していること。

2. 子世帯が市内に居住し、かつ市外に居住していた親等が、同居または近居を目的に、市内住宅に転入していること。

3. 親等及び子世帯が近居した後に、新たに同居を目的に、市内住宅に転居していること。

□近居の場合、申請日において、市外から転入した子世帯または親等が、補助対象となる市内住宅に居住し、住民登録していること。

(ただし、特別な事情により対象世帯のどなたかが居住できない場合を除く)

□同居の場合、申請日において、子世帯および親等が、補助対象となる市内住宅に同居し、住民登録していること。

(ただし、特別な事情により対象世帯のどなたかが居住できない場合を除く)

※市税の滞納がないこと

※現に生活保護を受けていないこと。

※これまでにこの補助金の交付申請をしていないこと

 

■申請時に必要な書類

1. 摂津市多世代同居・近居支援事業補助金交付申請書

2. 子と親の親子関係を証明できる書類(戸籍全部事項証明書など)

3. 市外に居住していたことを証明できる書類(戸籍の附票、住民票除票など)

4. 転居に要した経費を証明できる書類

5. 転居した住宅の賃貸借契約書の原本

6. 子育て世帯で子どもを出産予定であるときは、出産予定があることが分かる書類(母子健康手帳の原本など)

7. 市税について滞納がないことを証明できる書類(完納証明など)

※1)申請日から3か月以内に発行されたものに限ります。

※2)転入前の戸籍の附票は、本籍地の市町村等で取得してください。

※3)転入前の住民票除票は、転入前の住所の市町村等で取得してください。

※4)原本照合を行った後、写しのみを申請に添付させていただきます。

※5)転入前の完納証明は、転入前の市町村等で取得してください。

上記のほかに追加で書類を求める場合があります。

 

■補助金の返還

次の行為があった場合は、補助金の返還を求められます。

1. 虚偽の申請その他不正な行為により補助金の交付を受けたとき。

2. 当該住宅に3年以内に補助対象となる世帯が居住しなくなったとき。

(ただし、療養、転勤または通学のために転居する場合等は除く。)

 

【お問い合わせ先】

摂津市 建設部 建築課

〒566-8555

摂津市三島一丁目1番1号 摂津市役所新館5階

電話:06-6383-1111(代表)

ファックス:06-6319-5225

E-mail:kenchiku@city.settsu.osaka.jp