新型コロナウイルスワクチン接種証明書(ワクチンパスポート)の発行について

更新日:2021年07月21日

新型コロナウイルスワクチン接種証明書(ワクチンパスポート)とは

接種証明書は、予防接種法に基づいて、市区町村で実施された新型コロナウイルスワクチンの接種記録等を、接種者からの申請に基づき交付するものです。
国際的な人的往来における利用の際、予防接種を受けた本人に対して接種事実を証明する接種済証では、英語の表記、記載事項への不足、偽造防止対策といった課題があるため、接種済証とは別に海外渡航の予定がある等、接種証明書が必要となる場合に発行します。

ワクチンパスポート発行の手続きについて

対象者

以下の(1)(2)の両方に当てはまる方のみが対象です

(1)海外渡航を予定しており、渡航予定日時点で有効な旅券を持っている方

(2)摂津市が発行した接種券(接種券に「摂津市」が印字されています)を使って、新型コロナウイルスワクチン接種を行った方

※他市町村で接種後に摂津市に転入された方は、摂津市では証明書を発行できないため、転入前の自治体に申請してください。
※摂津市で接種後に他市町村に転出された方は、摂津市に申請して下さい。

※海外渡航以外の目的で接種記録を必要とする場合は、接種時に発行される「接種済証」または「接種記録書」をご利用ください。

 

申請開始日

令和3年726日(月曜日)から

申請方法

申請書に必要事項を記入し、必要書類とあわせて市役所本館1階保健福祉課窓口にご持参または郵送にてお手続きください。

証明書は、郵送でお送りします。
 

※電子申請等は、国がシステム構築を行っている段階であり、整備され次第対応します。

申請に必要な書類

必要書類

(1)新型コロナウイルス感染症予防接種証明書交付申請書

(2)渡航予定日時点で有効な旅券(パスポート)

(3)接種券のうち「予診のみ」部分 ※1

 (4)接種済証または接種記録書

 

(代理人が申請する場合に必要な書類)

上記(1)~(4)に加え、

(5)委任状

(6)代理人の本人確認書類(マイナンバーカード、運転免許証等)

 

(旅券に旧姓・別姓・別名を使用している方)

上記(1)~(4)に加え、

(7)旧姓・別姓・別名が確認できる書類 ※2

 

※1 (3)がない場合は、原則としてマイナンバーが確認できる書類(マイナンバーが記載された住民票の写し等)が必要です。マイナンバーが確認できる書類が提示できない場合は、接種を受けた時の住所が記載された本人確認書類でもかまいません。

※2 旧姓が併記されたマイナンバーカード、運転免許証、戸籍の写し、住民票の写し、当該別名・別姓の記載のある外国の旅券等

交付までの期間(目安)

申請から交付・発送まで概ね2週間程度要します。
ただし、以下の場合は1か月程度要する場合があります。

  • 接種済証や接種記録書が無く、摂津市の集団接種会場以外で接種した場合
  • 接種後1か月以内に転入や転出をした場合

関連リンク