風しん予防対策について

更新日:2019年04月01日

風しんの第5期定期接種について

【風しん追加的対策】

風しんの感染拡大防止のために、風しんの公的な予防接種を受ける機会のなかった、昭和37年(1962年)4月2日から昭和54年(1979年)4月1日までの間に生まれた男性を対象に、風しんの抗体検査及び、抗体検査を受けて抗体が十分でないと判断された方に対し風しんの予防接種を定期接種として無料で実施します。

抗体検査・予防接種を行うのに必要な「クーポン券」は、平成31年度(令和元年度)は、昭和47年4月2日から昭和54年4月1日生まれの方に送付しております

昭和37年4月2日から昭和47年4月1日生まれの男性には、令和2年度にクーポン券を送付する予定ですが、早期に抗体検査受検を希望される場合は、保健福祉課までお問合せください。

 

実施期間

平成31年4月1日から令和4年3月31日

 

・クーポン券は有効期限があります。平成31年度発行分は、令和2年3月31日までにご利用ください。

 

抗体検査費用及び予防接種費用

住民票のある市から、発行されたクーポン券持参で、原則無料です。

 

転入をされた方で、前市でクーポン券を利用されておらず、クーポン券発行をご希望される方はお問合せください。

転出をされた方は、転出先の市町村へお問い合わせをお願いします。

 

 

対象者

【抗体検査】

1.摂津市民の方で、昭和37年(1962年)4月2日から昭和54年(1979年)4月1日に生まれた男性

2.以下のいずれかに該当する方は希望者のみになります。

・風しんにかかったことがある方

・風しんを含む予防接種を受けたことがある方

・平成26年(2014年)4月以降に風しん抗体検査を受け、陽性と判断された記録をお持ちの方

 

【風しん予防接種】

1.上記の対象者のうち、抗体検査を受け風しんの抗体価が十分ではないと判断された方

2.平成26年(2014年)4月以降に風しん抗体検査を受け、陰性と判断された記録をお持ちの方

 

【風しん抗体検査実施から予防接種実施までの流れ】

抗体検査実施から予防接種実施までの流れ

 

 

実施方法

1.クーポン券を受け取る。

2.事前に電話などで確認のうえ、実施可能な医療機関または健診会場で抗体検査を受ける。(クーポン券と本人確認書類持参)

3.抗体検査の結果を受け取る。

4.十分な抗体価がないと判断された場合に、予防接種実施可能な医療機関で麻しん風しん混合ワクチン(MRワクチン)を接種する。(クーポン券と本人確認書類持参)

 

※抗体価には基準があります。抗体価基準値(PDF:65KB)

 

 

 

抗体検査・予防接種取り扱い医療機関

(1)集合契約をしている全国の医療機関で検査及び予防接種ができます。

(2)健診の機会に抗体検査を受けることができます。(実施可能かは健診機関にお問い合わせください。)

 

 

 

先天性風しん症候群予防のための、風しんワクチン接種費用の公費助成について

 平成25年、大阪府内で風しんが流行し、全国的にも流行が拡大しました。風しんは、妊娠初期の女性が罹患すると、出生児が先天性風しん症候群(白内障、先天性心疾患、難聴等)を発症することがあります。そのため、摂津市では先天性風しん症候群を予防するため、風しん抗体検査の結果、抗体価が十分でないと判定された妊娠を希望する女性などを対象に、麻しん風しん混合ワクチン又は風しんワクチン接種費用に対する公費助成を実施します。

 なお、妊婦は全妊娠期間を通じてワクチン接種を受けることはできませんのでご注意ください。また、妊娠していない時期にワクチン接種を受けた場合、ワクチン接種後2カ月間は避妊することが必要です。

麻しん風しん混合ワクチン・風しんワクチン接種費用の公費助成

助成対象ワクチン

麻しん風しん混合(MR)ワクチン

風しんワクチン

助成対象者

ワクチン接種時点において市民で、風しん抗体検査の結果、風しん抗体価が十分でないと判定された方のうち、次のいずれかに該当する方

1.妊娠を希望する女性

2.妊娠を希望する女性の配偶者

3.妊娠している女性の配偶者

対象期間

平成31年4月1日(月曜日)~令和2年3月31日(火曜日)に接種した者

申請受付期間

平成31年4月1日(月曜日)~令和2年3月31日(火曜日)

 

助成額

1人につき

○麻しん風しん混合(MR)ワクチンの場合・・・6,000円

○風しんワクチンの場合・・・4,000円

ただし、接種費用額が、助成金額をした回った場合は接種費用額を助成

<注意>風しん抗体検査の費用は、助成対象になりません。

風しん抗体価が十分でないとは

風しんの抗体検査には、HI法とEIA法の2種類があります。次の表の数値に該当すれば、抗体が十分でないということになります。そのため、風しんワクチンの接種を推奨します。(5年以内の結果であれば有効)

風しん抗体検査(HI法・EIA法)
HI EIA
8倍未満 陰性 又は 判定保留
8倍・16倍

陽性 (EIA価8.0未満 又は 国際単位(1)30IU/ミリリットル未満、 国際単位(2)45IU/ミリリットル未満)

EIA価はデンカ生研社製、国際単位(1)(30IU/ミリリットル)はシーメンスヘルスケア・ダイアグノスティクス株式会社、極東製薬工業株式会社、国際単位(2)(45IU/ミリリットル)はシスメックス・ビオメリュー株式会社、ベックマン・コールター株式会社製の風しん

IgG測定キットを使用した場合の判定基準

助成方法について

手順

  1.  医療機関で風しん抗体検査を受ける。検査結果を受け取る。
  2.  抗体価が上記値にあてはまる場合、医療機関で抗体検査結果を提示し、ワクチン接種を受ける。
  3.  医療機関窓口で、予防接種費用を全額支払い、領収書および接種済証(予診票のコピー可)を受け取る。
  4.  市役所保健福祉課で助成金の申請及び請求を行う。

必要書類

  1. 風しん抗体検査の結果報告書
  2. 予防接種の領収書及び接種済証(医療機関発行のもの)接種済証がない場合、予診票のコピーでも可
  3. 助成金を振り込む口座がわかるもの(通帳)⇒振り込み口座は接種者本人名義の口座に限る
  4. 認印
  5. 母子健康手帳(妊婦の配偶者の方)

 

申請書・請求書

申請書

  • 申請者は接種者本人です。
  • 助成申請額の欄は空けておいてください。

 

請求書

  • 請求書の日付と請求金額の欄は空けておいてください。
  • 振込先の口座は、接種者本人名義の口座をご記入ください。

市内実施医療機関(ワクチン接種)

関連リンク