代理人の申請

更新日:2018年03月30日

代理提出

申請者本人に代わって代理人(配偶者、第三者など)が申請書類等を提出することができます。

代理申請に必要な書類等

  1. 新規、記載事項変更、査証欄増補の申請書には「申請書類等提出委任申出書」が印刷されていますので、必要事項を記入してください。ただし、法定代理人(親権者又は後見人)が提出する場合は、記入不要です。
    なお、「申請書類等提出委任申出書」は申請者記入欄と引受人記入欄に分かれています。必ず「申請者記入欄」は申請者本人が、「引受人記入欄」は引き受けた人(代理人)が記入してください。
  2. 申請者の本人確認書類に加え、代理人も本人確認書類が必要です。

代理提出できない場合

  • 有効中のパスポートの紛失、盗難などで、「紛失一般旅券等届出書」を提出される場合及び
    「紛失一般旅券等届出書」と同時に新たなパスポートの申請を希望される場合
  • 氏名の表記について非ヘボン式表記、別名併記を希望する場合
  • 有効旅券を著しく損傷した場合
  • 居所申請をされる場合
  • 一時帰国者

代理人によるパスポートの受け取り

  • 代理人によるパスポートの受け取りはできません。
  • パスポートの査証欄増補の場合に限り、代理で受領することができます。
    この場合、申請時にお渡しする旅券引換書の「代理受領のための委任状」にパスポートの所持人自身が必要事項を記入のうえ代理人がご持参ください。その際、代理人の本人確認書類も合わせてお持ちください。

関連リンク