修学旅行等の実施(新型コロナウイルス感染症対策)に係るガイドライン

更新日:2020年08月31日

令和2年度修学旅行等の宿泊行事について

日頃は本市の教育活動にご理解、ご協力を賜り厚くお礼申し上げます。新型コロナウイルス感染症に係わって、保護者の方々には日々の検温や健康観察など、ご理解ご協力いただきありがとうございます。

修学旅行は、学習指導要領において、「平素と異なる生活環境にあって、見聞を広め、自然や文化などに親しむとともに、集団生活の在り方や公衆道徳などについての望ましい体験を積むことができるような活動」の一つに位置付けられています。

このたび市教育委員会としまして、修学旅行等の実施(新型コロナウイルス感染症対策)に係るガイドラインを作成しましたので、お知らせします。

なお、本方針は現段階のものであり、状況に応じて変更する場合がありますので、ご留意ください。

また、今後の感染状況によっては、教育委員会が中止を要請する場合もあります。

 

 

本ガイドラインを作成するにあたり参考としました、一般社団法人日本旅行業協会等が作成しました、以下の「旅行関連業における新型コロナウイルス対応ガイドラインに基づく国内修学旅行の手引き」も合わせてご覧ください。

 

保護者のみなさまへのお願い

〇普段から、健康観察を行っていただくとともに、免疫力を高めるため、十分な睡眠、適度な運動、バランスの取れた食事を心がけてください。

〇出発2週間前からは、発熱等があった場合は、医療機関を受診し、医師の指示に従ってください。

〇帰校後2週間についても、日々の健康観察を強化し、発熱等があった場合は医療機関を受診してください。

〇出発時に発熱・風邪等の症状がある場合、濃厚接触者として特定されている場合、PCR検査を受検を待っている場合、受検し検査結果を待っている場合など児童生徒の状況によっては参加できないことがあります。