事業系ごみの資源分別と適正排出について

更新日:2018年03月30日

事業系も、透明袋・薄い白色半透明袋でごみ出しを!

家庭系のごみと市許可業者の収集した事業系の「もやせるごみ」は、すべて環境センターへ搬入されています。

市では、ごみの減量と再資源化を図るため、平成13年2月から家庭系では、「もやせるごみ」「もやせないごみ」の袋を「中身が見える透明袋・薄い白色半透明袋」でのごみ出しへと制度変更し、分別が徹底した状態で環境センターに搬入されています。

しかし、事業系の「もやせるごみ」については、黒を主体とした色付き袋は現在も混入が認められ、もやせないごみ・資源が入った袋もあり、分別が遅れた状態です。

現在は、市の許可業者の収集する事業系のごみについても家庭系ごみと同じく「透明袋・薄い白色半透明袋」で排出していただくことになっていますので、ご協力とご理解のほどよろしくお願いします。

ダンボール・紙資源の分別もお願いします!

なお、摂津市環境センターでは、ダンボール・紙資源の分別も徹底されています。事業系可燃ごみ排出時、ダンボール・紙資源の混入は避けてください。

ダンボール・紙資源については、下記の方法で資源化をお願いします。

  • 事業所から出るダンボール・紙資源を摂津市ストックヤードに直接搬入することもできます(有料)。
  • 事業所の中でも 小規模事業所(商業・サービス業は従業員5名以下、製造業・その他は20名以下の事業所)(下記リンク「小規模事業所の分類」参照)に対しては、市に登録すると無料で紙資源を回収する制度があります。
  • 「直接搬入もしない」「小規模事業所にも該当しない」事業所については、委託している市許可業者に分別して出してください。