出し方分け方Q&A2(平成26年10月より)

更新日:2018年03月30日

資源収集は、何種類ですか?

主な資源収集は、びん(無色と色付き)、缶、食品トレイ、ペットボトル、古紙・雑誌類(新聞・雑誌(雑がみ)・ダンボール・古着)の9種類です。びん、缶、食品トレイ、ペットボトルについては、月2回。古紙・雑誌類は、月1回収集しています。

袋で出してもいいのですか?

びん、缶、ペットボトル、古紙はだめです。ただし、食品トレイ、古着は透明袋・薄い白色半透明袋で出してもらってもけっこうです。

びん、缶、ペットボトルについては、かごでの収集になっていますので、地域で決められた場所のかごにそのまま入れてください。慢性的にかごがいっぱいになって入らない場合は、環境業務課に相談してください。

缶は、汚れたままで出してもよいですか?

資源の中に汚れたものが混ざっていると資源化率が落ちます。収集・仕分けについても手作業で行っていますので、缶の外と中は軽く洗ってください。

ペットフード・油などが入っていたもので汚れが取れないものは「もやせないごみ」で出してください。びん、ペットボトルについても同様にお願いします。

缶は2種類、トレイも2種類に分けるのでしょうか?

分けなくてもけっこうです。缶は、市ストックヤード施設でアルミ缶とスチール缶に機械で選別できるようになっています。食品トレイは、施設で白と色付きに分別します。

しかし、びんについては、透明びん・色付びんと分けて出してください。

かごは、いくつ使うのですか?

基本のかごは、びん2種類で2箱、缶1種類で1箱、合計3箱で1セットです。ペットボトルの収集日には、これを共用で使います。20世帯に1セットを基準に配布しましたが、班の世帯数・ライフスタイルの違いによりセット数の配布が若干違います。

かごは、誰が管理するのですか?

基本的に、自治会の班単位での管理をお願いしています。

自治会に入っていないマンション・ハイツに住んでいる人などは、オーナー・管理会社に管理方法を聞いてください。

かごはいつ開けたらいいのですか?

生活スタイルにもよりますので、市では指定していません。今のところ、当日の朝に開けている所が多いようです。夜間にかごを出すと、抜き取りやびん・缶を出す音でうるさいとの苦情もありましたので、朝の方がいいかと思います。

収集したかどうか、わかりますか?

収集後は、作業員がかごとネットをたたんでいきます。

かごがたたまれていた場合は、収集が終了しているということです。収集後に持ってきてしまった場合は、持ち帰って次回に出してください。決して、かごをもう1度開けて入れないでください。

かご・ネットがなくなった時は、どうすればいいですか?

すぐに環境業務課に知らせてください。

壊れた場合も同様にお願いします。(無料で取り替えいたします)

割れたびんは、どうすればいいの?

家で割れたものは資源のかごには入れないで広告紙などで包み、「もやせないごみ」で出してください。

その際、「キケン」と書いていただければ収集時のけがなどが防げますので、よろしくお願いします。

かごに入れる時に割れた場合は、そのままでけっこうです。

透明びんの区別の基準は?

薄い色のついたびんもあるので、完全に透明と思うものだけ、透明の箱に入れてください。

なお、半透明のびんでも口のまわりが透明なら透明びんです。

びんの口についているプラスチックが取れないのですけど?

無理に取ろうとすると、けがをするので付いたままでけっこうです。

はずせるふた・キャップ類だけはずし、キャップ類は「もやせないごみ」に出してください。

食品トレイのネットを引っかける場所がないのだけれど、どうしたらいい?

トレイのネットが引っかけれない場合は、缶のかごにネットごと入れてください。

食品トレイがかさばるので、割って袋に入れてもいいですか?

だめです。小さくすると選別できなくなりますし、2つになると倍の選別時間がかかるようになります。汚い部分を取り去るぐらいはいいですが、手の平ぐらいが出せる限度です。

乾電池の収集方法は?

「もやせるごみ」の日に収集しています。小さい透明袋などに入れて、「もやせるごみ」と分けて出してください。

なお、ライター・小型充電電池も一緒に収集しますので同じ袋に入れてもらってけっこうです。

  • パッカー車の火災の原因になりますので、「もやせないごみ」に混入排出はしないでください。

ペットボトルが大量に出るのですけれども、もやせないごみに入れてもいいですか?

だめです。月2回の収集がありますが、ライフスタイルによっては家庭に多量にたまる場合があります。その場合は、各公民館・大手スーパーでも回収箱を設置してありますので、そちらの方に持っていってください。

透明・半透明袋を使うようになってカラスがごみを荒らしにくるのですけど?

カラスは、頭のいい鳥です。一度食べ物の味を覚えたら、その場所のごみばかりを狙ってきます。

対策としては、下記の手段を講じます。

  • 前日からごみをださない。
  • 水気・臭気のあるものはごみ袋の中央に入れ見えなくする。
  • 個人宅は、カラスネットを使用するか、ごみバケツ・ごみ排出用ケースを使用する。
  • 集積場では、鳥獣防止ネットをかける(ごみを巻き込み下まで覆うようにかけます)
    鳥獣防止ネットは、環境業務課で配布はしておりませんので、自前でお願いします。

消火器の排出方法は?

 平成19年4月1日より、メーカーにリサイクル していただくことになり、市では収集しておりません。

詳しくは、消火器のリサイクル(下記リンク)へ