出し方・分け方Q&A(平成28年10月より)

更新日:2018年03月30日

色の付いている袋で出してもいいですか?

平成13年2月1日からは、出すことはできなくなっています。色袋・色付き半透明色袋で出されても収集しません。

見られたら困るごみ、台所のごみはどうするの?

最小限での内袋の使用を認めています。

  • 広告紙で包むことも認めていますが、広告紙類は資源ですので、市ではレジ袋などを内袋として使用し出すことを推奨します。
  • カラス・動物対策として、台所の臭気・水気のあるごみについても、従来のレジ袋などを内袋に使ってもらってもけっこうです。内袋については最小限の使用でお願いします。

 なお、広告紙・新聞紙などを使い、中を全面に覆うカラス・動物よけはやめてください。 中の見えない袋として啓発シールを貼り、置いていくこともあります。

スーパーなどのレジ袋は使ってもよいのでしょうか?

レジ袋でも、市の透明袋・薄い白色半透明袋の基準にあっていれば、もやせるごみ、もやせないごみ、食品トレイの外袋で使用できます。

透明袋の基準

  • 材質は、ポリエチレン製の45リットル以下の袋。
  • 袋の透明度は、袋を通して中身がはっきりと確認ができるもの

透明であっても黒・青・緑・黄色などで着色されている袋は収集いたしません。

透明・薄い白色半透明袋はどこで買えばよいのでしょうか?

摂津市内の小売店・スーパーなどで市の基準にあっている袋を売っています。

他市の販売店での袋の販売は?

市の周りの大型店舗には、摂津市の基準を満たす透明袋・薄い白色半透明袋の販売依頼をしております。
買われる場合は、摂津市の基準にあったものを買ってください。

透明度とはどのくらいの透明度をいうのですか?

透明度は、袋を通して中のごみが確認できることが基準です。

着色しているのは、なぜだめなのか?字が読めればよいのでは?

透明袋・薄い白色半透明袋での排出は、「分別の徹底」と「収集作業の安全性の確保」も目的であり、色の濃さがまちまちの着色袋では目的が達成されませんので、透明袋・薄い白色半透明袋の使用をお願いします

資源も透明袋で出すのですか?

、「びん・缶・ペットボトル」共にかご回収ですので、袋の使用が禁止になっています。かごに入れる時は、袋を使わずにそのままかごの中に出してください。

「食品トレイ」は、汚れがついてはだめですので透明袋・白色半透明袋(レジ袋も可能)を使用して排出してください。

なお、資源「古着、古布」についても、透明袋・白色半透明袋での排出も可能です。

「びん・缶・ペットボトル」を袋のまま出されますと、啓発シールが貼られて置いていかれることもありますので、ご注意ください。

透明袋に入らない大きなごみや植木の剪定などはどう出したらいいの?

入るものだけでけっこうです。

タンス・植木などで透明袋・薄い白色半透明袋に入らないものについては、従来通りつぶしてひもなどで縛り、そのまま出してください。

中身が見える透明袋はプライバシーの侵害ではないか?

家庭ごみの中には、個人や各家庭の生活に関わる人に見られたくないプライバシーごみが含まれています。それらのごみについては、 広告紙類などを使用し包むなどすることで、プライバシーが適切に保護できると考えています。

広告紙は資源でも出せますので、使用は最小限でお願いします。

もやせるごみは、何種類ですか?

生ごみ、可燃ごみ、大型可燃ごみの3種類です。

摂津市内を東西に流れる安威川で収集日が分かれています。

  • 安威川より北地域
    月曜日・木曜日が生ごみ・可燃ごみ、木曜日は大型可燃ごみも出せます。
  • 安威川より南地域
    火曜日・金曜日が生ごみ・可燃ごみ、金曜日は大型可燃ごみも出せます。

可燃ごみ、大型可燃ごみの違いは?

可燃ごみ

掃除ごみ、紙おむつ、木の枝・植木のせん定・葉っぱ、資源化できない紙などです。新たに、平成28年10月から「容器包装プラスチック」とぬいぐるみなどの一部品目が出せるようになりました。

これらは、週2回収集いたします。

大型可燃ごみ

タンス・家具類・ふとん・毛布など。収集については週の後半1回の収集になります。

タンス・植木などで透明・半透明袋に入らないものは?

  • 植木などは、ひもで縛って出してください。
  • タンス・机・イスなどは、なるべく分解してひもで縛って出してください。

おむつは、どう処理したらいいの?

もやせるごみの日に、汚物を取り除き透明袋に入れ出すことを推奨しますが、見られるのがいやな場合は、広告紙などで包んで透明袋・白色半透明袋に入れても出せます。 重い場合は、2重袋にしてください。

可燃ごみ、大型可燃ごみが大量に出る場合は、どうすればいいのですか?

基本的に、大量にでる場合は、臨時ごみ扱いになります。

  • 植木の剪定などは、1回に計3つまで(例:2袋+1束か3袋か3束)なら収集いたします。

資源が混ざっている場合は?

戸別収集では、チャイムを押し、作業員が分別啓発をいたします。

不在の場合、袋の中身がほとんど再生できる資源(紙など)は、啓発シールが貼られ置いていきます。

資源が一部の場合、「取り残し袋」を使い資源だけを入れて置いていくという啓発方法もとられます。

もやせないごみの出し方は?

「もやせるごみ」を出されている場所と同じ場所で出してください。「もやせるごみ」が家の前で収集されている方は家の前、集積場での収集でしたら、その場所でお願いします。住んでおられる地区の決められた日に、月2回出してください。

家の前に出す場合は、ごみの周りに必要品は置かないでください。間違って収集してしまう場合があります。

透明・半透明袋に入らないものは、どうするの?

袋に入らないものは、そのまま出してもらってけっこうですが、いる物と間違わないように「不用品」と貼ってください。ダンボールの箱などを使用して出さないでください。

なぜ自転車に「不用品」って書くのですか?

使っている自転車をまちがって収集してしまうトラブルを防ぐためです。自転車を捨てる場合は、確認できる所に「不用品」と書いた紙を貼ってください。

「不用品」と書いていない場合、置いていきます。

ガラスなどはそのまま袋に入れてもいいですか?

透明・半透明袋を使用するようになって危険物を見分けられるようになりましたが、作業員が手を切ったりする危険性はかわりません。広告紙などで包み「キケン」と書いていただければ、不用意なけがなどの事故は防げますので、よろしくお願いします。

包丁・はさみなどの刃物類についても同様にお願いします。

小さいテレビは出してもいいのですか?

大きさに関係なく、収集はできません。家電リサイクル法対象家電ですので、家電小売店にご相談ください。

環境業務課でも家電商業組合加盟店を紹介いたします。

家電品目のリサイクル(下記リンク)を参照

パソコンは、「もやせないごみ」ですか?

家庭の使用済みパソコン本体・モニターは平成15年10月から<PCリサイクル>が開始され、「もやせないごみ」で出すことができません。

回収については、メーカーに回収を申し込むことになります。詳しくは、各製造メーカーにお問合せください。

パソコンのリサイクル(下記リンク)を参照

ただし、ノートパソコンについては、小型家電のリサイクルが始まりましたので、回収拠点に持って行っていただければ、無料で回収しております→使用済小型家電の回収にご協力をお願いします!(下記リンク)を参照