摂津市子ども食堂運営事業補助金について

更新日:2022年07月29日

子ども食堂運営事業補助金について

市内で子ども食堂を開設又は運営する団体に対して、予算の範囲内で開設又は運営費用の補助を行います。

補助金の申請を希望される場合は、子育て支援課(新館6階64番窓口)までご相談ください。

子ども食堂とは

子どもの居場所づくりを目的に、食事の提供を通して、子どもの健やかな成長を支えるとともに、子どもが地域の人とふれあい、豊かな人間性及び社会性を身に付けることができる場所として開催される食堂です。

補助金の目的

子どもを地域で見守る拠点となる子ども食堂を運営する団体に対し、予算の範囲内で、子ども食堂運営事業補助金を交付することにより、子どもたちへの食事の提供、地域とのつながりから子どもたちが抱える悩み、家庭環境等の問題の発見、子どもが安心して過ごせる居場所を確保することを目的としています。

補助対象の要件について

市内で子ども食堂を開設する事業であって、次に掲げる要件全てを満たすことが必要です。

(1)原則、定期的に月1回以上、利用しやすい場所及び時間帯で子ども食堂を開催すること

(2)1回あたりの子ども食堂の開催規模は、子ども又はその保護者を合わせておおむね10人以上であること

(3)子ども食堂を開催する施設ごとに、公益社団法人大阪食品衛生協会が行う食品衛生責任者養成講習会の受講者又は食品衛生責任者と同程度の資格を有する者を1人以上配置すること

(4)子ども食堂の開催にあたっては、次に掲げる事項を遵守すること

ア:常時責任者を配置し、安全に配慮した開催を図る

イ:食品衛生に十分配慮し、利用者の安全を確保するための対策を徹底する

ウ:子ども及びその保護者から、食物アレルギー、健康情報及び緊急連絡先を確認する

エ:事業の規模に応じて、必要な人員体制を確保する

オ:子ども食堂の参加料が、無料又は実費に相当する範囲内の額であること

カ:子ども食堂を利用する子ども又はその保護者の相談に可能な限り応じるとともに必要に応じて関係機関につなぐよう努める

(5)当該事業について、国、他の地方公共団体等から補助金と同趣旨の補助を受けていないこと

補助対象団体について

補助対象団体とは、次に掲げる要件を全て満たす団体であることが必要です。

(1)市内で子ども食堂を開設し及び運営する団体であること

(2)1年以上継続して子ども食堂を開催する事業を行う見込みがあること

(3)市が関与する子ども食堂又は子ども・家庭の支援に関する他の関係機関等(子ども食堂ネットワーク)との会議等に年1回以上参加する団体であること

(4)宗教活動、政治活動又は選挙活動を目的とする団体でないこと

(5)公の秩序又は善良な風俗に反し、又は反するおそれのある活動を行う団体でないこと

(6)営利を目的とする活動を行う団体でないこと

補助対象経費・補助金額

補助対象経費・補助金額
区分 補助対象経費 補助金額
設備等経費 子ども食堂を開催するにあたり必要となる備品の購入費等 補助対象経費の2分の1(上限10万円)
運営経費

食材費、消耗品費(日用品、学習用品、絵本等)、ボランティア等謝礼金、施設使用料、光熱水費、保険料、印刷費、通信運搬費、食品衛生責任者養成講習会等の受講料その他子ども食堂の運営に直接必要な経費として市長が必要と認めるもの

補助対象経費の額から補助対象事業への収入額を差し引いた額(上限20万円)

※設備等経費の補助金については、補助対象団体につき1回限りです。

補助金支給の流れ

  1. 子育て支援課で相談(事前協議) ※電話・来庁どちらでも可
  2. 子ども食堂運営事業補助金交付申請書、事業計画書、収支予算書、団体等概要書、団体の運営に関する定め(会則・規約等)及び会員名簿(任意団体の場合に限る)の提出
  3. 市から交付決定通知書の送付
  4. 子ども食堂運営事業補助金交付(概算払)請求書(概算払が必要な団体のみ提出)
  5. 実績報告書、事業報告書、収支決算書、経費の支出が分かる書類、開催が分かる書類(現地写真・ポスター等)の提出
  6. 市から確定通知書の送付
  7. 子ども食堂運営事業補助金交付(概算払)請求書
  8. 市からの支払い
  9. 子ども食堂運営事業補助金変更交付申請書(補助事業に変更が生じた団体のみ提出)
  10. 子ども食堂運営事業休止(廃止)届出書(子ども食堂の事業を休止(廃止)する団体のみ提出)

様式

摂津市子ども食堂運営事業補助金要綱