高齢者インフルエンザワクチン予防接種(令和2年度)

更新日:2020年09月18日

9月30日に大阪府議会で承認され、令和2年度の高齢者インフルエンザワクチン定期接種の自己負担金無料化が決定しました。

高齢者インフルエンザワクチンの定期接種について

高齢者(65歳以上)の方は、インフルエンザワクチンを接種しましょう。

インフルエンザの発症や発症しても重い症状になることを予防するために、流行前にインフルエンザワクチンの予防接種を受けましょう。

予防接種の効果は、接種後2週から5か月程度と考えられているため、毎年接種することが望まれます。

また、感染予防として、手洗い、マスク、咳エチケットも心がけましょう。

ワクチンの副反応

局所の発赤、腫れ、痛みなどが主な副反応です。全身反応として、発熱、悪寒、頭痛、倦怠感、嘔吐・嘔気、下痢、食欲減退、関節痛、筋肉痛などがありますが、通常2~3日中に消失します。過敏症としてまれに発疹、じんましん、紅斑、そう痒感などがあります。また、ごくまれにショック、アナフィラキシー、けいれんなどの報告があります。

対象者

(1)ワクチン接種日時点で65歳以上の市民の方

(2)ワクチン接種日時点で60歳以上65歳未満の市民の方で、心臓・腎臓若しくは呼吸器の機能障害又はヒト免疫不全ウイルスによる免疫機能障害により身体障害者手帳1級に該当する方

実施期間

令和2年10月1日から令和2年12月31日まで (接種は期間中1回)

実施場所

市内受託医療機関

自己負担金

無料(令和2年度に限り、所得制限などの条件はありません。)

※市内および、以下に記載されている北摂6市3町の委託医療機関で接種する場合には市への申請は不要です。予診票は医療機関にありますので、直接医療機関へ連絡し、予約の必要性などをご確認ください。

※上記以外の場合は、摂津市からの依頼書が必要です。詳しくは、「摂津市以外の医療機関で接種をする場合」をご覧ください。

摂津市外の医療機関で接種をする場合

上記の対象者である摂津市民の方が他市でインフルエンザワクチン接種を希望される場合は、摂津市から他市町村(または医療機関)宛の依頼書が必要となります。接種をされる前に、保健福祉課へ申請をしてください(接種費用は原則全額負担ですが、限度額内での還付制度があります)。

ただし下記の市町の委託医療機関で接種される場合は、依頼書は不要です(接種費用も無料です)。

依頼書不要の北摂6市3町
高槻市 茨木市 吹田市 池田市 豊中市
箕面市 豊能町 能勢町 島本町  

 

依頼書の申請は、郵送での申請にご協力をお願いします。インフルエンザ予防接種依頼書申請書に必要事項を記入のうえ、返信用封筒を同封して保健福祉課まで郵送してください。

【本人用】インフルエンザ予防接種依頼書申請書(PDFファイル:73.2KB)

【施設担当者用】インフルエンザ予防接種依頼書申請書(PDFファイル:79.5KB)

 

予防接種費用の還付について

依頼書を申請し、市内および上記の北摂6市3町の委託医療機関以外でインフルエンザワクチンを接種した方は、接種費用を医療機関窓口にて、一旦全額お支払いください。予防接種後に、以下の書類を添えて申請された方に対し、規定の範囲で還付します。

※事前に、依頼書の申請をされていなければ還付の対象にはなりません。

(1)医療機関が発行したインフルエンザワクチン予防接種の領収書

(2)予防接種済証またはそれに代わる証明すべき事項(ワクチン名、ワクチンロットナンバー)が記載されたもの(予診票のコピーでも可)

(3)接種された本人及び同居の家族以外の方が、還付申請に来られる際は還付申請委任状が必要です。

インフルエンザ予防接種還付申請委任状(PDFファイル:56.8KB)

 

 

 

 

 

インフルエンザ関連情報