熱中症の予防について

更新日:2020年08月12日

「新しい生活様式」を踏まえた熱中症の予防のポイント

新型コロナウイルス感染防止のため「新しい生活様式」を日常生活に取り入れた今夏は、例年以上に熱中症リスクが高くなっています。

特に、熱中症になりやすい高齢者、子ども、障害者の方々は、より注意する必要があります。

周囲の方の見守りと声かけが必要です。

マスクの使い方に注意しましょう

高温や多湿といった環境下でのマスク着用は、熱中症のリスクが高くなるおそれがあるので、屋外で人と十分な距離(少なくとも2m以上)が確保できる場合には、マスクをはずすようにしましょう。

マスクの着用時は、激しい運動は避けましょう。気温、湿度が高いときは特に注意しましょう。

こまめな水分補給を

のどが渇く前に、こまめに水分補給をしましょう。特にマスクをしていると、のどの渇きを感じにくいので注意しましょう。

激しい運動、作業を行ったとき、多くの汗をかいたときは塩分も補給しましょう。

暑さを避けましょう

室内の温度・湿度をこまめに確認し、適切に管理しましょう。

涼しい服装を心掛け、外に出る際は日傘や帽子を活用しましょう。

外出時は、天気予報や環境省の提供する「暑さ指数(WBGT)」を参考にしましょう。

環境省「熱中症予防情報サイト」

https://www.wbgt.env.go.jp/wbgt_data.php

暑さにそなえた身体づくり

長い自粛期間で運動不足になっている人も多くなっています。無理のない範囲で早朝、夕方など涼しい時間帯のウォーキングなど適度な運動を心掛けましょう。

摂津市では、室内でできる体操のDVDを無料で配布しています。

※詳しくはこちらを参照

厚生労働省「新しい生活様式における熱中症予防行動のポイント」

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_coronanettyuu.html