軽減税率対策はお済みですか。

更新日:2019年07月30日

軽減税率制度について

今年の10月1日に予定されている消費税率引き上げの際には、軽減税率制度が実施され、税率8%と10%、双方の商品を取り扱う事業者はさまざまな対応が必要になります。

こうした事業者を支援するため、国において軽減税率に対応するためのレジや受発注システム、請求書の発行を行うシステムの改修・導入に対する補助金が用意されています。

まずは、現在ご使用中のレジが複数税率に対応しているか、受発注・請求書管理システムの改修・入れ替えの必要があるかなど、レジメーカーやシステムベンダーに確認しましょう。

 

軽減税率制度に関する相談窓口

消費税軽減税率電話相談センター(軽減コールセンター)

電話 0120-205-553

受付時間 9時から17時まで (土曜・日曜・祝日を除く)

 

軽減税率対策補助金について

  消費税軽減税率制度の実施に伴い対応が必要となる中小企業・小規模事業者に対して、複数税率対応レジや券売機の導入や改修、受発注システム、請求書管理システムの改修等に要する経費の一部を補助することにより、導入等の準備が円滑に進むよう支援する制度です。

補助金の種類

1.軽減税率対応レジの導入等支援

2.受発注システムの改修等支援

3.請求書管理システムの改修等支援


※詳細については、下記チラシまたはホームページをご覧ください。

軽減税率対策補助金に関する相談窓口

軽減税率対策補助金事務局コールセンター(申請窓口)

電話 0120-398-111

IP電話等からのお問合せ先 03-6627-1317 (通話料がかかります)

受付時間 9時から17時まで(土曜・日曜・祝日を除く)