マイナンバー通知カードの廃止

更新日:2020年05月25日

「通知カード」の廃止

マイナンバー(個人番号)をお知らせするための「通知カード」は、令和2年5月25日に廃止され、マイナンバー(個人番号)のお知らせは「個人番号通知書」を送付する方法に変わりました。このため、

・氏名、住所等が変更になった場合の「通知カード」への裏書き

・「通知カード」の再交付

は行いません。

※マイナンバー(個人番号)に変更はありません。

通知カードイメージ(表裏)

通知カード(表裏)

マイナンバー(個人番号)の証明

すでに「通知カード」をお持ちで、記載された氏名・住所等が住民票に記載されている事項と一致している場合は、「通知カード」をマイナンバー(個人番号)を証明する書類として使用できます。

※「通知カード」の情報が最新でない場合は、マイナンバー(個人番号)を証明する書類にはなりませんのでご注意ください。

この場合、マイナンバー(個人番号)を証明する書類としては、

1.マイナンバー(個人番号)入りの住民票(手数料300円)か

2.「マイナンバーカード」

を取得していただくこととなります。

※「マイナンバーカード」の交付には申請から1か月半程度かかります。

    「通知カード」を紛失されていても、「マイナンバーカード」の申請は可能です。

「通知カード」廃止後のマイナンバー(個人番号)の通知方法

出生等で新たにマイナンバー(個人番号)が付番された方への通知は「個人番号通知書」(A4版)が送付されます。

この「個人番号通知書」は、マイナンバー(個人番号)を証明する書類としては使用できませんのでご注意ください。

個人番号通知書

個人番号通知書