建築行為等の制限(都市再開発法第66条)

更新日:2021年06月30日

●千里丘駅西地区第一種市街地再開発事業の事業計画を決定したので、施行地区内において次の行為を行う場合は、市長の許可が必要です。

  1 盛土や切土などによる土地の形質の変更

  2 建築物その他工作物の新築、改築または移転

  3 政令で定める移動の容易でない物件(重量が5tを超える物件で容易に分割できないもの)の設置または堆積

●許可を受けた当該建築行為等を着手、完了又は取りやめる場合は、速やかに、各種様式の届を提出してください。また、許可を受けた当該建築行為等を変更する場合は、変更許可申請書を提出していただき、変更内容について市長の許可が必要となります。

●建築行為等を行う場合、まずは事前に都市計画課にご相談ください。

摂津市都市再開発法第66条第1項の規定に基づく許可に係る事務取扱要綱

許可申請時の添付書類

(1)付近見取図

(2)土地の公図の写し

(3)配置図(縮尺1/500 以上)

(4)各階平面図(縮尺1/200 以上)

(5)立面図(縮尺1/200 以上)

(6)2面以上の建築物その他工作物及び物件又は土地の断面図(縮尺1/200 以上)

(7)建築物その他の工作物の新築、改築若しくは増築を行おうとする場合は、矩計図又は構造がわかる図面

(8)土地の形質の変更又は物件の設置若しくは堆積を行おうとする場合は、当該行為の内容を明らかにする書類

(9)前各号に定めるもののほか、市長が必要と認める書類

その他

・摂津市長は、都市再開発法第66条第1項の規定に違反又は許可時の条件に違反した者があるときは、これらの者等に当該土地の現状回復又は当該建築物その他の工作物若しくは物件の移転若しくは除却を命ずることができます。

届出書様式等