新型コロナウイルスに便乗した悪質商法にご注意ください

更新日:2020年04月09日

新型コロナウィルスの感染拡大に関連した相談が、国民生活センターに相次いで寄せられています。心当たりのない送信元から怪しいメールやSMSが届いても、反応しないようにしましょう。今後、新たな手口の勧誘が行われる可能性があります。ご注意ください。

 

【事例1】

「新型コロナウイルスによる肺炎が広がっている問題で、マスクを無料送付する。確認をお願いします」と記載され、URLが付いたショートメッセージがスマートフォンに届いた。

メッセージに書かれたURLにアクセスすると、フィッシングサイトに誘導され、スマートフォンに不正なアプリがインストールされたり、個人情報を取得されたりする可能性があります。心当たりのない不審なメールのURLには絶対にアクセスしないようにしましょう。

【事例2】

突然自宅を訪問してきた業者から、「新型コロナウイルスの影響で、経済が不安定になっている。金の相場が上がることは間違いない。高騰する前に金を買う枠を申し込んだ方がいい。」と言われた。

新型コロナウイルスの感染拡大による経済活動への影響を口実にして、怪しい投資を勧誘されたという相談が寄せられています。新たな詐欺の手口の可能性があります。訪問の場合には、すぐに玄関はあけずインターフォン越しに話を聞く、電話の場合は、在宅時も留守番電話にしておく等、相手と直接話をしないことが有効な手段です。万が一話を聞いて少しでも怪しいと思うところがあったら、その場できっぱり断りましょう。

 

厚生労働省とLINE株式会社との協定により、LINE利用者に対しアンケートが行われていますが、このアンケートを装い、クレジットカード番号を尋ねる等、詐欺が疑われる事案が発生しているとの情報が寄せられています。ご注意ください。

アンケートの調査項目等、詳しくは厚生労働省のホームページをご覧ください。

 

不審に思った場合や、トラブルに遭った場合は、摂津市消費生活相談ルーム(06-6383-2666)へお電話ください。

 

※参考国民生活センターホームページ

新型コロナウイルスを口実にした消費者トラブル