新型コロナウイルス感染症について不当な差別や偏見をなくしましょう(人権女性政策課)

更新日:2020年08月21日

新型コロナウイルス感染症の感染が拡大しています。

 

新型コロナウイルス感染症に関しては、感染した人やその家族、医療従事者への誹謗中傷が広がっています。

 

感染者、医療従事者、社会機能の維持に貢献している方等に対する誤解や偏見に基づく差別はあってはなりません。

 

インターネットやSNSで誤った情報を流したり、差別を助長するような心無い書き込みも見られますが、誤った情報や差別を助長する言動に惑わされず、公的機関の正しい情報を入手し、冷静な判断及び言動をお願いします。

 

なお、差別を助長するような書き込みや言動については人権侵害となる場合がありますので謹んでください。

 

もし、不当な偏見や差別に悩んでおられる方があれば、相談窓口がありますので是非ご利用ください。以下(新型コロナウイルス感染症に関する人権への配慮について)に相談窓口を記載しています。

 

摂津市 市長公室 人権女性政策課