新型コロナウイルスのワクチン接種について【8/3~予約受付を開始】

更新日:2021年07月29日

8月3日(火曜日)8:45からLINEと市コールセンター(電話のみ)で、以下の方を対象に受付を開始します。(8月7日から27日までの予約分)

●対象者は、「医療従事者」、「50歳以上の方」、16歳以上の「基礎疾患を有する方」、「高齢者・障害者施設等の従事者(摂津市民)」、「保育所、幼稚園、認定こども園、学童保育の従事者(摂津市民)」、「教員(摂津市民)」です。

※ 「基礎疾患を有する方」に当てはまることを証明するための診断書等は必要ありません(詳細は同ページ内【「基礎疾患を有する方」に該当する方について】をご参照ください)。予診票に記載していただき、問診で病気や治療の状況などを確認します。

※16~49歳の方で「高齢者・障害者施設等の従事者」「保育所、幼稚園、認定こども園、学童保育の従事者」「教員」は、接種時に従事証明書の提示が必要です。必ずご用意をお願いします。

予約方法について

※予約開始時期や対象者については、上記「ワクチン接種について」をご確認ください。

※おかけ間違いのないよう注意してください。

denwa

LINE

LINEの友だち登録はこちら(市ホームページへ)

新型コロナウイルスワクチン_LINE予約のご案内チラシ(PDFファイル:1.3MB)

 

≪注意≫

※1回目の接種予約のみ。2回目は接種会場での予約です。(原則1回目と2回目は同じ場所で接種)。

※LINEによる予約受付期間終了後、LINEでの予約キャンセルや変更はできません。この場合は、市コールセンター(電話06-6170-2762)へお問い合わせください。

※接種する日時・場所を決めて予約してください。予約時は接種券番号が必要です(郵送済みの接種券に記載)。

※集団接種会場では予約できませんのでご注意ください。

※会場にお越しになられても、キャンセル分の当日予約や当日の接種はできません。

ワクチン接種について

摂津市が実施する新型コロナウイルスのワクチン接種については、国の接種順位に従い、以下の状況で取り組んでいます。

●ワクチン接種の対象について、12歳以上の全市民が対象となります。

●全額公費で接種を行うため、接種費用は無料です。

●新型コロナウイルスのワクチン接種は、強制されるものではありません。情報提供を行った上で、接種を受ける方の同意がある場合に限り、接種を行います。

●ワクチン(ファイザー社製)は、20日間の間隔を空け2回接種です。

●2回目の予約は1回目接種後、接種会場にてお取りします。個別接種(医療機関)の場合は、3週間後の同じ曜日・時間です(千里丘協立診療所の2回目は4週間後の同じ曜日・時間です)。

●摂津市へ転入された方など、接種券が手元にない場合は、保健福祉課へご相談ください。


接種実績(令和3年7月27日現在)
1回目接種済みの方が「約26,100人」、
2回目接種済みの方が「約17,300人」となっております。

※ワクチン接種記録システムの数値による。

接種状況

摂取状況(R3.7.29)

 

※ワクチンに便乗した詐欺にご注意ください※

保健所職員を名乗り、「優先的にワクチン接種ができる」と金銭を要求する電話が確認されています。新型コロナウイルスワクチン接種で金銭を要求することは、絶対にありません。

接種対象者について

8月3日(火曜日)8:45から、以下の接種の対象者(順位1~4)の予約受付を開始します。予約方法は、LINEと市コールセンター(電話のみ)です。

※今後の接種対象者については、ホームページでお知らせします。また、予約時期などの詳細を改めて個別に案内(郵送)します。

接種対象者(R3.7.27現在)

基礎疾患等

※16歳から49歳の「高齢者・障害者施設等の従事者」や「保育所・幼稚園・認定こども園・学童保育の従事者」、「教員」は、接種時に従事証明書の提示が必要です。以下より従事証明書をダウンロードできます。

個別(市内医療機関)接種

市内接種医療機関の予約につきまして、接種の予約や接種開始時期は医療機関により異なります。各医療機関の予約窓口などを確認し予約してください。

医療機関全体で、週に約3,000回以上の接種を実施しています。

集団接種

集団接種(8.7-)

※会場及び市役所窓口での予約はできません。

※集団接種会場へのアクセスについては、以下をご確認ください。

市民文化ホール              ・保健センター

別府コミュニティセンター     ・新鳥飼公民館

気象状況による新型コロナワクチン集団接種の中止基準について

当日の「午前7時」時点で摂津市域に「暴風警報」又は「大雨特別警報」が発令されている場合は集団接種を中止します。

●当日の接種時間帯に上記の警報が発令されるおそれがある場合や、避難情報が発表された場合等も中止と判断することがあります。集団接種の中止については、当日午前8時までに判断します。

※平日の集団接種(文化ホールでの実施分)については、当日午前9時までに判断します。

※集団接種を中止する際は、市ホームページでお知らせします。

集団接種に伴う臨時巡回バスの運行

土・日曜日の集団接種会場(保健センター、別府コミュニティセンター、新鳥飼公民館)へのアクセスのため、臨時巡回バスを6月19日(土曜日)より 運行。

経路や運行本数に限りがありますが、個別医療機関での接種を含め、接種会場にお越しの際の補助手段としてご利用ください。

※運賃は無料です。

※交通状況により、発着時間が前後する場合があります。

※乗車定員に達した場合はご乗車いただけませんので、ご了承ください。

接種当日の注意点

接種当日は、接種券予診票本人確認ができるもの(健康保険証、運転免許証など)・お薬手帳予定がわかるもの(手帳など)をお持ちください。

接種当日に発熱している等、体調不良時は接種ができません。その際は、キャンセルの連絡が必要となります。

住民票所在地以外での接種について

やむを得ない事情があり、住民票所在地以外での接種を希望される方で以下に該当する場合は、医療機関等が所在する市町村に事前に届出が必要となります。届出後、対象となる方には本市から住所地外接種届出済証を交付します。

 

【届出が不要な方】

入院・入所者、基礎疾患を持つ者が主治医の下で接種する場合、副反応のリスクが高い等のため体制の整った医療機関での接種を要する場合、市町村外の医療機関からの往診により住宅で接種を受ける場合、災害による被害にあった者、拘留または留置されている者、受刑者

 

【届出が必要な方】

出産のために里帰りしている妊産婦、単身赴任者、遠隔地へ下宿している学生、DV・ストーカー行為等児童虐待及びこれらに準ずる行為の被害者、そのたやむを得ない事情があり住民票所在地外に居住している者(親の介護で住所地外に居住)、その他市町村長がやむを得ない事情があると認める者

 

【届出方法について】

下記の1~2のいずれかの届出方法があります。

1.郵送 2.窓口

※郵送で届出をされる場合は、摂津市保健福祉課へ書類をお送りください。

※窓口で届出をされる場合は、市コロナワクチンコールセンターへ書類をご提出ください。

 

【届出に必要な書類について】

以下の書類をご提出ください。

1.住所地外接種届(新型コロナウイルス感染症)(Wordファイル:16.9KB)

2.住民票所在地から発行された接種券(クーポン券)の写し

新型(しんがた)コロナウイルスワクチン接種(せっしゅ)に関(かん)するわかりやすい資料(しりょう)

やさしい日本語(にほんご)で書(か)かれた資料(しりょう)を厚生労働省(こうせいろうどうしょう)が提供(ていきょう)しています。

ワクチンを打(う)ってもらうときにあなたに質問(しつもん)すること

ワクチンを打(う)ってもらうときに、あなたに質問(しつもん)することを、やさしいにほんごにしています。

質問(しつもん)のこたえを、予診票(よしんひょう)に書(か)いてわたします。

説明書(せつめいしょ)

新型(しんがた)コロナワクチンを打(う)ってもらうときの説明(せつめい)のための書類(しょるい)です。

ファイザーという会社(かいしゃ)のワクチンについて

国の大規模接種センター

防衛省・自衛隊による接種は、こちらをご覧ください。

※すでに摂津市での集団・個別接種を予約していて、防衛省・自衛隊での接種を希望する場合は、必ず摂津市の集団・個別接種をキャンセルしてください。

接種券のない方で、国の大規模接種センターでの接種を希望される方は、摂津市コロナワクチンコールセンター(電話 06-6170-2762)までご相談ください。

大阪府による大規模接種

大阪府による大規模接種は、こちらをご覧ください。

※すでに摂津市での集団・個別接種を予約していて、大阪府による大規模接種での接種を希望する場合は、必ず摂津市の集団・個別接種をキャンセルしてください。

関連リンク

厚生労働省等のホームページにおいて、ワクチン接種に関する情報が示されています。

厚生労働省ホームページ内

・「新型コロナワクチンについて」こちらから

・「新型コロナワクチンQ&A」はこちらから

・「ファイザー社の新型コロナワクチンについて」はこちらから

・「外国語の新型コロナワクチンの予診票等」はこちらから

 厚生労働省 新型コロナワクチンコールセンター

令和3年2月15日9時より、新型コロナワクチンに関する厚生労働省の電話相談窓口が設置されました。このコールセンターでは国民、医療機関からのコロナワクチン施策の在り方等に関する問合せに対応しています。

電話番号:0120-761770 (フリーダイヤル)

受付時間:9時〜21時(平日・土日・祝日も実施、対応言語により異なる)

対応言語:日本語・英語・中国語・韓国語・ポルトガル語・スペイン語・タイ語・ベトナム語

※聴覚に障害のある方は、一般財団法人全日本ろうあ連盟ホームページをご覧ください。

首相官邸ホームページ内「新型コロナワクチンについて」はこちらから

大阪府ホームページ内「新型コロナウイルスワクチンについて」はこちらから

大阪府新型コロナワクチン専門相談窓口

令和3年4月1日より、新型コロナワクチン接種に関する大阪府の専門相談窓口が設置されました。

電話番号:06-6635-2047

受付時間:24時間(土日、祝日対応)

相談受付対象となる方:大阪府民等

※聴覚障がいのある方はファックスにて相談を受付(ファックス番号:06-6641-0072)
 

【新型コロナウイルスワクチン接種に便乗した詐欺にご注意ください】

消費者庁ホームページ「便乗悪徳商法の注意喚起!」はこちらから

行政機関等をかたった"なりすまし"にご注意(PDFファイル:763.1KB)

摂津市産業振興課ホームページ「新型コロナウイルスのワクチン接種に便乗した新たな詐欺の手口にご注意ください」はこちらから