摂津市上下水道ビジョン及び経営戦略(案)に対するパブリックコメントの実施について

更新日:2019年05月13日

パブリックコメント実施の主旨について

水道事業においては、平成26年5月に平成35年度を目標年度とする「摂津市水道ビジョン」を策定し、安全な水を市民の皆様に安定的に提供するため、水道ビジョンに基づく施策を推進してまいりました。

下水道事業においては、平成29年4月より地方公営企業法の全部を適用し、企業会計制度を導入し、従前の特別会計において表示されなかった資産・負債の情報や事業の損益などを数値で示すことで、現在の財政状態や経営状況の見える化に取り組んでいます。

また、機構改革により平成28年4月より上下水道部に統合し、平成29年4月より上下水道事業の総務部門を統合するなど、組織の効率化にも取り組んできました。

一方、上下水道事業を取り巻く環境は、ここ数年で大きく変化しています。少子高齢化による人口減少や節水型水使用機器の普及により水需要が減少傾向にあり、給水収益や下水道使用料収入に影響を与えています。さらに大阪北部地震、平成30年7月豪雨、平成30年台風21号など、頻発する災害に対しての備えが求められるとともに、上下水道事業とも事業開始より相当の年数が経過しており、老朽化した施設や管路の更新需要も予測され、経営環境は厳しさを増しています。

そこで、これらの課題を踏まえ、今後の上下水道事業のあるべき姿を示すため、水道ビジョンの改訂に合わせて、下水道事業の施策も盛り込んだ「摂津市上下水道ビジョン」、そして上下水道ビジョンに示された施策を推進するために必要な投資・財政計画である「摂津市水道事業経営戦略」及び「摂津市下水道事業経営戦略」を策定することとなりました。

この度、その素案を策定いたしましたので、多くの市民の方や事業者からの意見を反映し、よりよい上下水道ビジョン及び経営戦略とするため、皆様からのご意見を募集します。

募集内容について

募集要項

摂津市上下水道ビジョン(案)

摂津市水道事業経営戦略及び下水道事業経営戦略(案)

提出様式

参考資料について

「摂津市上下水道ビジョン」、「摂津市水道事業経営戦略」及び「摂津市下水道事業経営戦略」(案)の概要版となります。