国外で選挙の投票をするには~在外選挙制度~

更新日:2018年06月01日

在外選挙制度とは、国外に居住する日本人が、在外選挙人名簿に登録されることにより、国政選挙の投票を国外でも行えるようにする制度です。これまでは出国後、在外公館(領事館など)のみで申請が可能でしたが、平成30年6月1日から出国時に申請ができるようになりました。(出国後の在外公館申請も今まで通りできます。)

投票できる選挙

・衆議院議員総選挙 (小選挙区・比例代表)

・参議院議員通常選挙 (選挙区・比例代表)

・衆議院議員、参議院議員の補欠選挙

上記以外の地方選挙(市長選挙・知事選挙など)は投票できません。

 

在外選挙制度手続きのご案内(PDF:464.8KB)

 

 

↓外務省ホームページ