【台風21号】り災証明書が必要な方へ

更新日:2018年09月11日

台風21号に関するり災証明書の申請を受け付けます。

り災証明書とは

り災証明書とは、災害により被災した家屋の被害の程度を市が証明するものです。

被害の程度とは

被害の程度については、国で基準が定められています。住宅の屋根、壁等の経済的被害の全体に占める割合に基づき、被害の程度を認定します。一般的には「全壊」「大規模半壊」「半壊」「一部損壊」の4区分で認定します。

  • 全壊:損害割合が50%以上
  • 大規模半壊:損害割合が40%以上50%未満
  • 半壊:損害割合が20%以上40%未満
  • 一部損壊:損害割合が20%未満

※調査の結果、「被害なし」となることもあります。 

申請方法

摂津市役所新館4階(摂津市三島1-1-1)の被災者支援総合窓口で受付けます。

受付時間

平日の午前9時から午後5時15分まで

必要なもの

  1. 被害状況のわかる写真
  2. 窓口に来る方の身分証明書(運転免許証、健康保険証、マイナンバーカードなど)
  3. 「住民票」の住所と証明が必要な住所が異なる場合は、それを確認できる書類(光熱水費の領収書、持ち主の場合は登記簿謄本など)
  4. 委任状(本人か同一世帯の人以外が窓口に来る場合は必要です。)

※申請から発行まで、時間がかかる場合があります。

問い合わせ先

被災者支援総合窓口

06-6170-1300