【事業者の皆さまへ】平成30年台風21号に係る被災中小企業等支援について

更新日:2018年10月11日

平成30年(2018年)9月4日に上陸した台風21号により被害を受けられた皆様には心よりお見舞い申し上げます。
今回の災害を受けまして、本市を含む府内市町村の被災中小企業に対する支援措置として、以下の2つの支援制度が利用可能となります。

【1】セーフティネット保証4号の適用について

今般の災害の影響により売上高等が減少している中小企業・小規模事業者を対象に、大阪信用保証協会が一般保証とは別枠の限度額で融資額の100%を保証するセーフティネット保証4号が適用されます。
このセーフティネット保証4号による融資の申し込みには、中小企業信用保険法第2条第5項第4号に規定する中小企業者として市区町村長の認定が必要です。

【2】大阪府制度融資「台風21号対策資金」の創設について

大阪府では、平成30年台風21号による府内中小企業の被害が大きかったことを踏まえ、本市を含む中小企業の被害が大きかった府内40市町を対象に信用保証制度を活用した特別の融資制度として「台風21号対策資金」を創設し、10月9日(火曜日)から取扱いを開始しています。(申込みは各金融機関となります。)

内容

対象

台風21号により事業の用に供する建物等に被害を受けた市内中小企業者で、以下のいずれかの者。

(1)セーフティネット保証4号の対象要件を満たし、市の認定を受けた者。

(2)台風21号により事業の用に供する建物等に被害を受けた市内中小企業者。
      ※本市が発行する「罹災届出証明書」が必要です。

条件

融資限度額:2億円(うち無担保8,000万円)

資金使途:運転資金、設備資金

融資期間:【運転資金】7年以内(据置6ヶ月以内)

               【設備資金、運転・設備資金】:10年以内(据置1年以内)

金利:年0.9%(固定)

保証料:(1)年0.9%

            (2)保証協会所定(9区分)

関連リンク

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。