【事業者の皆さまへ】「罹災届出証明書」の交付について(09/05 16:45掲載)

更新日:2018年09月05日

罹災届出証明書とは

罹災届出証明書とは、事業所における自然災害による家屋や動産等の被害について、写真等で確認し、事業者からの罹災の届出があったことを証明するものです。

※罹災証明とは異なるものです。

罹災届出証明書の用途としては、一般的に日本政策金融公庫による「災害復旧貸付」や中小企業基盤整備機構による「小規模企業共済災害時貸付」などの添付書類として必要になります。

対象となるもの

・家屋(オフィス、店舗、工場、倉庫など)

・付帯工作物(ブロック塀、門扉、カーポートなど)

・自動車(事業用の車両)

・家財道具、設備やその他の動産(商品、機械など)

・その他市長が適当と認めたもの

必要なもの

・罹災届出証明交付申請書

・会社印等

・身分証明書

・被害を受けた場所(もの)の写真

・被災場所の地図(簡易なもので可)

申請窓口

市役所新館4階

市民生活部 産業振興課 商工労政係

申請方法

「罹災届出証明交付申請書」に必要事項をご記入いただき、必要書類を添付のうえ、

産業振興課に窓口までご持参ください。

なお、写真につきましては、申請書の内容欄にご記入された内容が全て分かるものをご用意ください。

※代理人による申請の場合は、別途委任状が必要となります。

留意事項

※必要事項に漏れがありますと、交付できない場合がありますのでご注意ください。

※原則、即日発行させていただきます。