パープルリボンキャンペーンを開催します

更新日:2018年11月12日

パープルリボンは女性に対する暴力をなくす運動のシンボルマークです

毎年11月12日から25日までの2週間は、「女性に対する暴力をなくす運動」の期間です。

女性に対する暴力とは、配偶者やパートナーからの暴力、性犯罪、売買春、セクシュアルハラスメント、ストーカー行為など、女性に身体的、心理的な苦しみをもたらす行為です。

女性に対する暴力は、女性の人権を侵害するものであり、決して許される行為ではありません。

pa-pururibon
posuta

パープルリボンを知っていますか

パープルリボンは、女性に対する暴力をなくすため「暴力はイヤ!」と伝えるシンボルマークです。

紫色のリボンを身につけたり、飾ったりすることで、暴力をなくそうと思う気持ちを表すことができます。

gennlennmae
kensuimaku

パネル展

市では、女性への暴力のない社会を目指して「パープルリボンキャンペーンパネル展」を実施します。

これを機会に、パープルリボンや女性への暴力について理解を深めましょう。

 

日時:11月12日(月曜日)から26日(月曜日)まで

場所:市役所1階ロビー

 

11月は児童虐待防止月間でもあるため、オレンジリボンキャンペーンとも連携しています。

paneruten
paneru1
paneru2
paneru3

パープル&オレンジリボンキャンペーン『講演会』

パープル&オレンジリボンキャンペーンとして、講演会を実施します。

 

私らしく生きるためのセミナー

夫と子どもの対応に悩むあなたに、知ってほしい

 

日時:11月16日(金曜日)午前10時から12時

場所:摂津市立男女共同参画センター交流室

講師:ジュンコ田中(トータルメンタルサポート「ラポール・ラボ」代表)

定員:25名

zyunko

講師のジュンコ田中さんは、コミック「旦那(アキラ)さんはアスペルガー みつけよう笑顔のヒント」に登場する“さくらさん”ご本人です。

発達障害のパートナーと実子との関係に悩み、カサンドラ症候群になりました。

その後、心理療法を活かして立ち直り、現在は「カサンドラ脱却茶話会&勉強会」の運営や心のセミナーを開催しています。発達障害のパートナーと子どもとの前向きな暮らしについて、そこに至る経験をお聞きします。