平成30年10月12日アメリカ合衆国の核実験に対し抗議文を送付

更新日:2018年10月12日

アメリカ合衆国の核実験に抗議

平成30年10月12日、アメリカ合衆国がネバタ州の核実験場で臨界前核実験を平成29年12月に実施したことに対し、トランプ大統領宛ての抗議文を送付しました。

抗議文の内容

アメリカ合衆国

トランプ大統領 様

抗議文

貴国が、「昨年12月、ネバタ州の核実験場において、臨界前核実験を実施した」との報道を受けた。

これまで貴国に対して、このような核実験が実施される度に、再三本市は厳重な抗議を行ってきたところである。

国連では昨年7月、核兵器禁止条約が採択され、恒久平和の実現に向け世界が大きな一歩を踏み出した矢先に、世界のリーダーとして核兵器廃絶を先導する立場にある貴国が、北朝鮮に非核化を迫りながらも、自らが核実験を実施したことは、誠に遺憾である。

また、世界で唯一の被爆国である我々日本国民は、この事態を到底容認することはできない。

今ここに、摂津市民を代表して、今後一切の核実験を中止するよう厳重に抗議するとともに、「核兵器のない世界」の牽引役として、世界平和へ向けた取組みに邁進されるよう強く要請する。

2018年10月12日

日本国 大阪府 摂津市長 森山 一正

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。