平成27年度 児童会生徒会代表者の集い

更新日:2018年03月30日

平成27年度「児童会生徒会代表者の集い」を開催しました

平成27年度児童会生徒会代表者の集いの写真

 平成27年7月28日(火曜日)摂津市立コミュニティプラザ コンベンションホールにて「平成27年度児童会生徒会代表者の集い」を開催しました。市内すべての小中学校の児童会・生徒会の代表者35名が集まり、スマートフォンや携帯電話の利用について話し合いました。

 これまで、中学校の生徒会のメンバーが集まったことはありましたが、小学校の児童会のメンバーが集まるのは初めてです。そのため、28日の集いに先立って、21日(火曜日)に中学校の生徒会の代表者が集まり、集い当日に小学生をリードして実施できるよう、準備を行いました。また、司会などの役割分担を行い、当日の進行はすべて中学生の生徒の手によって行われました。

「摂津市 小中学生 スマホ・携帯利用宣言」を採択

生徒の司会でどのような課題が考えられるかを話し合いをしている写真

 味生小学校の児童の開会宣言の後、本年度4月に市内小学校6年生および中学校1~3年生の児童生徒とその保護者を対象に、市教委と茨木の少年サポートセンターが連携して実施した携帯電話・スマートフォン等の利用アンケートの分析結果について、本市教育委員会事務局指導主事より、説明しました。各家庭で携帯電話やスマートフォン等の利用ルールがあるかどうかについて、児童生徒と保護者の認識に大きな隔たりがあることや、SNSなどの利用の中で、トラブルに巻き込まれている児童生徒が、市内でもたくさんいること等の現状を示しました。

 次に、第五中学校の生徒の司会で、アイスブレイキング(お互いが仲良くなるためのグループワーク)が行われました。その後、第三中学校の生徒の司会で、各中学校区ごとにスマートフォン・携帯電話の利用について、どのような課題が考えられるかを話し合いました。

 話し合われた課題を解消するために、どのような手立てが考えられるかを引き続きグループで話し合いました。その結果をもとに、第四中学校の生徒の司会で、以下の2項目が「摂津市 小中学生 スマホ・携帯利用宣言」として採択されました。

  1. ながらスマホはやめよう
  2. 月に1回家族会議
小学校の児童会のメンバーが平成27年度児童会生徒会代表者の集いに参加している写真

活発に意見交換が行われました

 参加した児童生徒は、積極的に自分の意見を発言し、活発な意見交換が行われました。集いの後に行ったアンケート調査でも、すべての生徒が参加してよかったと回答していました。「初対面の人たちで意見を出し合って会議をするのは少し難しいかと思っていましたが、みな積極的に取り組んでくれてよかったです。この会議が無駄にならないように生徒会一同頑張っていこうと思いました。」「家族会議など思いつかなかった。意見が聞けて良かった。」「自分で考えて意見を発表することでルールやマナーを見直せた。ほかの人の話を聞いて考えが深まった。次回もぜひ参加したい。」「はじめは緊張したけど中学生が引っ張ってくれたから、とても楽しかったです。」等、児童生徒にとって良い経験となったようです。

活発に意見交換が行われている写真

摂津市中学校生徒会の集い参加生徒アンケートの結果

自分の意見を発言することが
  • 中学校
    できた 82% 少しできた 9% あまりできなかった 9%
  • 小学校
    できた 62% 少しできた 38%
他の人の意見で参考になることは
  • 中学校
    あった 91%  少しあった 9%
  • 小学校
    あった 100%
「スマホ・携帯利用宣言」を学校で広めることは
  • 中学校
    可能である 45% おそらく可能である 55%
  • 小学校
    可能である 33% おそらく可能である 67%
今日の中学校生徒会代表者の集いに参加して
  • 中学校、小学校とも
    良かった 100%
次回の中学校生徒会代表者会に
  • 中学校
    ぜひ参加したい55% 参加したい 36% 無回答 9%
  • 小学校
    ぜひ参加したい38% 参加したい 62%