9月4日の台風に伴う家庭系ごみの収集について

更新日:2018年11月15日

  • 台風により破損したトタンやプラスチックの波板等の不燃ごみ(がれき類を除く)は、通常の「もやせないごみ」の日に出してください。
  • 台風に伴う可燃ごみ(樹木の枝葉を含む)は、通常の「もやせるごみ」の日に出してください。ただし幹の直径15センチ以上および長さ50センチ以上の樹木は収集できません。
  • 臨時ごみは、電話での受付時に台風に伴うごみであることを確認させていただいた上で、その他のごみとは別に手数料無料で収集しますので、「もやせるごみ」と「もやせないごみ」に分別して出してください。
  • 台風に伴って発生した瓦やブロック、モルタル等のがれき類は、修理する場合は原則として修理業者で対応してください。飛来した所有者不明のがれき類や処分のみされる(修理をしない)場合は、「もやせるごみ」や「もやせないごみ」とは別に、リサイクルプラザへ排出者本人が持ち込んでください(手数料は無料です)。
  • 台風に伴うごみを自治会や近隣住民で集めてもらう場合は、臨時ごみとして手数料無料で収集します。「もやせるごみ」と「もやせないごみ」、鉄くず、瓦やブロック、モルタル、土壁、レンガに分別してください。
  • 臨時ごみについては、事前に環境業務課と日程調整が必要です。
  • いずれの場合も、収集車両に入らないサイズのものや持つことが困難な重量物については収集できません。
  • 台風の被害に伴うごみの収集は、平成30年11月16日(金曜日)で終了いたします。