動画と過去のメッセージ

千里丘駅にて啓発懸垂幕

新型インフルエンザ街頭啓発(9月15日)

朝夕めっきり涼しい季節となり、新型インフルエンザが再び猛威をふるいはじめました。摂津市では、10月を「インフルエンザ対策強化月間」としておりましたが、流行が本格化する前に、市役所庁舎への啓発懸垂幕の設置など、今からできることを前倒しで実施することといたしました。
今朝は、市の新型インフルエンザ対策本部のメンバーとともに、JR千里丘駅構内で通勤・通学の皆さんにマスク1,500枚をお配りし、感染予防の啓発を行ないました。インフルエンザの予防には、何よりもまず手洗い・うがいの徹底が重要で、咳エチケットも欠かせません。詳しくは、10月1日号の摂津市広報で特集記事を掲載いたしますので、ぜひご覧ください。

ページの先頭へ戻る