動画と過去のメッセージ

全日本ジュニア空手道選手権大会入賞 富野真麻さん全日本ジュニア空手道選手権大会入賞の賞状

女性空手家の富野さん、今年も全国大会で3位入賞を果たされました(11月24日)

11月14日から15日にかけて、東京・国立代々木競技場で開催されました、「第9回JKJO全日本ジュニア空手道選手権大会」において3位入賞を果たされた富野真麻さん(摂津市立第四中学校・3年生)が、今年も大会結果の報告に来てくださいました。
この大会は、北は北海道から南は九州まで厳しい予選を勝ち抜いた強豪ばかりが集う権威ある大会で、野球に例えますと甲子園に出場し、惜しくも準決勝で敗れたという大変レベルの高いものです。
小学校6年生の時から毎年入賞を果たされ、今年は4年連続の入賞となりました。
今年こそは優勝できると思ったそうですが、実力が拮抗しているだけに、『力及ばず敗れてしまいました』と話す、富野さんの悔しそうな表情が非常に印象に残りました。
武道は技術だけでなく、精神を鍛えることこそが真髄と言われますが、富野さんも4年の間に人間的に大きく成長されました。
表情が豊かになり、照れるばかりの4年前とは異なり、受け答えもしっかりとできるようになりました。
私は入賞の結果もさることながら、そのことを非常に嬉しく感じました。
高校生にあがってからも富野さんは空手を続けられるそうです。
来年も、人間的に大きく成長する富野さんにお会いできることを、心から楽しみにしています。また来てください。昨日はありがとうございました。

ページの先頭へ戻る