動画と過去のメッセージ

被爆ピアノコンサート被爆ピアノコンサート被爆ピアノコンサート被爆ピアノコンサート

被爆ピアノコンサート(8月9日)

摂津市では、毎年7月及び8月を平和について改めて考える、大切な月であると位置づけています。今年は特に戦後70年という節目の年であり、本市でもさまざまな取組みを実施してまいりました。その中でも最大のイベントの一つである、「被爆ピアノコンサート」を、摂津市民文化ホールで開催いたしました。
被爆ピアノとは、70年前の8月6日、広島市に投下された原子爆弾による被害を奇跡的に逃れたピアノのことです。
外見は被爆当初のまま、演奏は十分にできるよう、調律師の矢川さんが幾度も丁寧に調律され、今現在も力強く響き、全国各地で美しい音色を奏でています。
月日の流れととも戦争の惨禍を知らない世代が増えてきております。今回のイベントを一つの契機とし、戦争の悲惨さを決して風化させることのないように、引き続き平和を愛し、互いの人間性を尊重する優しさに溢れたまちづくりの推進に全身全霊で取り組んでまいります。
開催にあたりまして、各種団体など多くの方々にご尽力いただきましたこと、心より感謝申し上げます。

ページの先頭へ戻る