動画と過去のメッセージ

グラウンド・ゴルフ協会会長中口さん事務局長土井さんと記念撮影

グラウンド・ゴルフで生涯現役(6月11日)

近年、グラウンドゴルフを楽しむ方々が全国的に増加しており、摂津市でも会員数が160名を超えるなど、人気のスポーツの一つとなっています。
グラウンドゴルフは、専用のクラブとボールを使い、ゴルフのカップに相当するホールポストにボールが入るまでの打数を競うニュースポーツで、昭和57年に鳥取県で考案されました。
6月11日に、摂津市グラウンドゴルフ協会会長の中口さんと事務局長の土井さんが、市のスポーツ振興に役立てていただきたいと寄附の申し出をいただき、お越しくださいました。
中口さんにおかれましては、3月5日に開催された、大阪府知事杯・第25回中央大会で1016人中5位入賞を果たされ、9月26日から和歌山県すさみ町で開催される国民体育大会への切符を手にいれられたとのことです。
おめでとうございます!
これから暑い時期となりますが、体調管理に留意されつつ練習を続けられ、国体においても素晴らしい結果を残していただけることを期待しています。頑張ってきてください。

ページの先頭へ戻る