動画と過去のメッセージ

味舌の楽いち味舌の楽いちキッズなかよし発表会キッズなかよし発表会摂津市演劇祭摂津市演劇祭

多くの人で賑わった先週末の行事(3月21日 22日)

春らしいおだやかな気候に恵まれた先週末、市内各地でたくさんのイベントが催されました。
21日(土)は、まず正雀ふれあい広場で開催されていました「味舌の楽いち」を見に行きました。
大勢の人が集まる会場では、恒例の餅つき大会が行われており、私もひさしぶりに杵をにぎり、餅つきを楽しませていただきました。
また会場内ではミニ電車や模型電車、手作りのおもちゃ作り、模擬店やフリーマーケットなど、子どもから大人まですべての人々に楽しんでもらえる工夫がたくさん施されており、会場は笑顔で溢れておりました。
その後、場所を移し、安威川公民館で開催されている「キッズなかよし発表会」に参加いたしました。
毎年春分の日に開催されるこの発表会も今回で13回目を迎え、公民館で活動する発表の場として定着してまいりました。この発表会に出ることを励みに練習されている子どもたちも多いのではないかと思います。
絵画や工作など展示作品は非常に上手にできており、一生懸命に製作に取り組んでいる姿がうかびました。また、ダンスなど踊りにおきましても、周囲のメンバーとの息がぴったり合っており、練習の成果が発揮されていたように思います。
翌日22日(日)は、市民文化ホールで開催されました、「摂津市民演劇祭」に参加いたしました。
演劇祭は今年で第31回目を迎えました。演劇は、役者はもちろん作家、監督、音響、照明、大道具など様々な役割があり、チームワークがなければ成り立ちません。そう考えると、演劇は文化振興という観点以外に、人と人とのつながりを深める非常に重要な側面もあわせ持っているのだと感じました。
週末3つの行事に参加させていただきましたが、そこには多くの人の笑顔があり、場は活気に満ち溢れていました。各イベントを企画、運営いただきました関係者のみなさんに心より感謝申し上げます。

ページの先頭へ戻る