動画と過去のメッセージ

訓練に集まる多くの市民AEDの使い方訓練防災資器材炊き出し訓練

防災訓練で深める地域の絆(3月8日)

平成26年度も、市内各地で地域による自主防災訓練が開催されました。
自主防災訓練は、地域の防災力の向上や防災意識の高揚を目的として開催され、万一の災害発生時に、自分はどのような行動を取るべきか、考える機会となることからも非常に重要な取組の一つであると考えます。
先週の日曜日、今年度最後の実施となる別府校区の自主防災訓練に参加させていただきました。訓練には多くの近隣住民の方が参加され、AEDの扱い方や防災資器材の使い方、炊き出しなど、さまざまな訓練を体験されておりました。
近隣の方と訓練を行うことで、そこにまた会話が生まれ、お互いの距離が近くなることも、訓練を通じて得られる大きな成果ではないかと思います。
自主防災訓練の実施にあたり、早朝より準備に携わられた関係方々、そして参加されたみなさん、おつかれさまでした。


ページの先頭へ戻る