動画と過去のメッセージ

写真1:ポンプ車操法写真2:消火器取扱競技写真3:危険物火災消火訓練写真4:避難訓練写真5:一斉放水写真6:訓練風景

第40回消防訓練大会(10月9日)

 平成26年10月9日、神崎川右岸河川敷において、第40回目となる摂津市防火安全協会主催の消防訓練大会が開催されました。
 この訓練大会は、防火管理業務や火災予防に関する知識の習得及びこれらにかかる技術の向上を図り、火災発生時に各事業所の応急対策活動を迅速かつ確実にするとともに、市民の防災意識の高揚を目的に毎年実施されています。
 近年は、東日本大震災に象徴される大地震や大津波を始め、異常気象ともいえる各地の記録的豪雨、そして死火山と言われた御嶽山の大爆発等、人間の手ではどうすることもできない自然災害が多発しています。
 しかし一方で、火災におきましては不注意や油断から発生することも多く、日頃の訓練により人の力で被害を最小限にとどめることが可能であり、そのような意味におきましても、この消防訓練大会は非常に意義のあるものであります。
 訓練は約2時間に亘って開催され、ポンプ車操法(写真1)や消火器取扱競技(写真2)、危険物火災消火訓練(写真3)、避難訓練(写真4)、一斉放水(写真5)等が披露されました。
 摂津市防火安全協会のみなさまを始め、訓練大会にご参加いただきましたみなさま、おつかれさまでした。
 最後に、「優良防火管理者」、「優良危険物取扱者」、「模範ポンプ車操法実施者」、「永年に亘る訓練大会運営協力者」におかれて表彰されたみなさま、おめでとうございました。

ページの先頭へ戻る