動画と過去のメッセージ

富野さんとの記念撮影

全日本ジュニア空手道選手権大会・準優勝(2月6日)

 平成26年1月26日(日)に東京・国立代々木競技場で開催された、第7回全日本ジュニア空手道選手権大会にて、摂津市立第四中学校に通う富野真麻さん(中学1年生)が見事準優勝を果たされました。
 全日本ジュニア空手道選手権大会は「カラテ甲子園」とも称され、北は北海道から南は九州まで、全国各地から厳しい予選を通過した強豪選手が集結する超トップレベルの大会として知られています。
 富野さんは、空手を小学校1年生から習い始めたそうで、今現在も週に4回、市外の道場まで足を運び、練習に励んでいるそうです。「継続は力なり」と申しますが、何事も根気強く、粘り強く、取り組み続けることは非常に大切なことであり、今の経験は必ず将来に活かされることと思います。
 報告に来てくれた当日も、このあと練習に行かれると伺いました。勉学にスポーツに、なにかと忙しい中、報告にきてくれたことを大変嬉しく思います。富野さん、ありがとうございました。これからも怪我のないように練習に励み、頑張ってください。私も、応援しています。

ページの先頭へ戻る