動画と過去のメッセージ

ごみゼロの日キャンペーン尾鷲市災害相互応援協定尾鷲市災害相互応援協定尾鷲市災害相互応援協定

ごみゼロの日キャンペーンと、尾鷲市との災害相互応援協定(5月30日)

 5月30日は、その数字の語呂あわせで、「ごみゼロの日」とされております。本市においても、毎年この日に「まちを美しくする運動連絡協議会」の皆さんとともに協力して、JR千里丘駅と阪急摂津市駅において啓発キャンペーンを実施しております。まちづくりには、ハードな取組みとソフトな取組みの両面がありますが、ごみの減量や再資源化といったことは、皆様の生活の中で取り組んでいただける、ソフトなまちづくりの最たるものであります。市民の皆様におかれましても、節約につながるごみの減量に意識を傾けていただきますよう、よろしくお願いいたします。
 また、この日はキャンペーン終了後に、「災害時における相互応援及び防災に関する相互協力に関する協定」締結の調印式に出席するため、三重県尾鷲市まで行ってまいりました。これは、災害が発生した際に、救援物資や人的な支援を行うことと、平常時からの防災に関する情報共有を行うこと等を目的とした協定であり、今年度4月から本市の防災アドバイザーとして就任いただきました群馬大学大学院の片田敏孝教授が、尾鷲市においても防災教育等で活動されていることがご縁となって実現したものです。
 本市は、釜石市や新温泉町といった遠隔地との防災連携を進めておりますが、この協定締結に安心することなく、これをきっかけに相互の民間交流等も盛んになり、強い結びつきによって本当の意味での助け合いに繋がると信じています。

ページの先頭へ戻る