動画と過去のメッセージ

日本レスキュー協会防災協定日本レスキュー協会防災協定日本レスキュー協会防災協定

日本レスキュー協会と防災協定を締結しました(4月12日)

 皆さんは、震災で倒壊した家屋や豪雨による土砂崩れ等で生き埋めになった方を、災害救助犬が救出する様子をテレビや新聞でご覧になられたことはありますでしょうか。
 この救助活動は、兵庫県伊丹市を拠点に活動されている認定NPO法人日本レスキュー協会が、災害救助犬を育成し派遣されているもので、国内の大規模災害のほか、台湾大地震やインドネシアスマトラ沖地震の際にも出動された実績があります。
 この度、摂津市においても有事の際に災害救助犬を派遣していただき、できるだけ多くの命を救うことを目指して、日本レスキュー協会と協定を締結することとし、協会の伊藤理事長はじめスタッフの方、そして災害救助犬として活躍している「あんずちゃん」に、市役所にお越しいただきました。
 今回の協定では、災害時の救助犬の派遣のほか、セラピードッグの派遣による被災者の慰問にも対応していただけることになりました。災害が起こらないに越したことはありませんが、災害は待ったなし、いざという時の心構えとして、これほど心強いことはありません。今後は、本市で行います防災演習等にもご協力いただけるとのことで、誠に頼もしい限りです。
 本協会は、運営費用をすべて法人や個人からの寄付で賄っておられます。公的な助成制度はまだまだしっかり備わっているとは言えませんし、また災害救助犬の活動についても、広く認知されているとは言えない状況です。この協定を契機に、災害時における救助犬の役割などを市民の皆様に知っていただけるよう、相互に協力してまいりたいと思います。
 もし興味をお持ちいただけましたら、ぜひ日本レスキュー協会のホームページもご覧ください。
 http://www.japan-rescue.com/


ページの先頭へ戻る