動画と過去のメッセージ

情報収集・情報伝達訓練情報収集・情報伝達訓練

情報収集・情報伝達訓練(3月22日)

 東海・東南海・南海3連動地震が発生し、市全域が震度6程度の揺れに襲われたとの想定で、被害情報の収集・伝達を中心とした初期体制の訓練を実施しました。
 時間とともに甚大な被害が明らかになるなか、市内各所から次々と緊急課題が報告され、対策本部のホワイトボードはあっという間に一杯。私をはじめ幹部職員の誰もが、その時々に応じた重大な決断を迫られるという本番さながらの訓練となりました。また、途中で大きな余震に見舞われるとの設定もあり、全員が一時机の下へと避難するなど、普段とは異なるコンディションでの指揮命令の難しさを実感いたしました。
 東日本大震災から一年。まもなく始まる新年度のテーマは「災害に強い、安心を実感できるまち」であります。私はこれからも安全安心のまちづくりに邁進いたしますが、備えあれば憂いなし。市民の皆様方も万一への備えを是非ともよろしくお願いします。

ページの先頭へ戻る