動画と過去のメッセージ

被災経験のある職員を釜石市に派遣被災経験のある職員を釜石市に派遣

被災経験のある職員を釜石市に派遣(10月19日)

 本市では、東日本大震災の被災経験がある2名を10月1日付で採用いたしました。現在、彼らは防災や都市基盤整備を担う部署で職務に励んでおりますが、今後さらに“災害に強い摂津のまちづくり”の要として活躍してもらうべく、約2ヵ月間、釜石市に研修派遣することにいたしました。
 今まで被災者の立場であった者が、公務員となり復興を担う立場で活動するという経験は、大変得がたいものであります。東北に強い郷土愛を持つ彼らが、釜石市の復興をお手伝いするなかで実感したことを摂津に持ち帰り、安全安心のまちづくりに大きく寄与してくれるものと確信しております。


ページの先頭へ戻る