動画と過去のメッセージ

最強の少年拳士来庁

最強の少年拳士来庁!(10月5日)

 スポーツの秋真っ盛り。今日は全・日本拳法総合選手権大会(9月18日開催、中学1年生男子の部)を制した新井律希くん(第二中学校1年生)が、優勝の報告に来てくれました。去年、惜しくも決勝戦で敗れた雪辱を晴らしての全国制覇です。
 ここまでの道程は決して平たんではなく、選手層の非常に厚い大阪府予選を勝ち上がり、本戦でも全国の猛者相手に苦戦しながら掴んだ嬉しい嬉しい日本一! とりわけ決勝戦では、奇しくも昨年の決勝で敗れた選手と再び拳を交えることになり、お互い相手の戦法を知り尽くしたなかでの勝利でありました。
 凛とした表情で「大人になっても拳法を続けていたい。日本一であり続けたい。」と話す新井くんの言葉には、日々の厳しい鍛練で積み重ねた自信のほどが感じられ、大人の私も思わず身震いするほど! 頼もしい限りであります。
 がんばれ新井くん、これからも気迫あふれるファイトで大活躍されることを、大いに期待しています!

ページの先頭へ戻る