メッセージ動画と過去のメッセージはこちら

08/26 :第32回全国小学生陸上競技交流大会 男子4×100mリレー『全国2位!』(8月25日)

 8月20日に開催されました「第32回全国小学生陸上競技交流大会 男子4×100mリレー」で、『全国2位』に輝いた別府小学校6年生の志賀大虎さんが、大会の結果報告にお越しくださいました。
 志賀さんは、守口市内を中心に活動している小学生の陸上クラブ「コスモA.C」に所属されております。
 週2回と少ない練習時間で個人の力を伸ばし、クラブの最終目標として設定されておられます「全国大会を目指す」という目標を達成され、その大会で素晴らしい結果を残されました。
 将来、オリンピックで大活躍する選手になってくれるものと信じております。また、中学生になっても陸上を続けられるようですので、今後の活躍に期待しています。

☆第32回全国小学生陸上競技交流大会の模様がテレビ放送されます☆
        8月27日(土)13:00~14:30「NHK・Eテレ」

08/22 :国際バッハコンクール「オルガン部門」で日本人初の『1位』(8月19日)

 国際バッハコンクール「オルガン部門」(ドイツにて開催)で日本人として初めて1位になられた冨田一樹さんが、忙しい合間を縫って受賞の報告にお越しくださいました。
 同コンクールは、「音楽の父」と呼ばれるバッハにちなんで創設され、1950年から開かれており、若手音楽家のための歴史あるコンクールです。バッハ演奏家の登竜門で、現在では2年ごとに開催されています。
 冨田さんは、ご家族の影響で「バッハ」に興味をもち、14歳の頃から「バッハ」を研究し、同時期にオルガンを始められたそうで、これまでに「コンクール」といったものには出られたことがなく、同コンクールに初めてエントリーされた結果、『1位』受賞という素晴らしい成績を残されました。
 大変意味のある受賞であり、私もとても嬉しく思っております。また、摂津の文化振興にご貢献いただき感謝申し上げます。
 今後ますます躍進されることを期待したいと思います。

08/22 :摂津市立第三中学校陸上部「第43回全日本中学校陸上競技選手権大会」出場!(8月18日)

 8月21日(日)~24日(水)の期間で、長野県松本市で開催される「第43回全日本中学校陸上競技選手権大会(平成28年度全国中学校体育大会)」に出場する摂津市立第三中学校陸上部の藤井恒輝さんが、摂津市役所にお越しくださいました。
 藤井さんは、23日(火)に行われる同大会の「男子100m走」に出場されます。
 大阪大会では、11秒台で全国大会への切符を勝ち取った藤井さんですが、お越しくださった際に、「全国大会では10秒台で走れるように頑張ります!」と出場に向けての熱い気持ちなどをお話してくださいました。
 万全の態勢で大会にのぞんでいただき、また、摂津の代表として、全国大会でも大いに活躍してくれることを期待しています。

08/10 :第41回摂津まつり~市制施行50周年記念事業~(8月6日、7日)


 8月6日、7日に摂津市青少年運動広場にて、摂津の夏の風物詩「第41回摂津まつり」が開催されました。
 今年の摂津まつりは、市制施行50周年記念事業ともあり、例年のキャラクターショーや市民団体・市内園児等による演技や演奏に加え、山本リンダさんやテツandトモさん、更に前田由紀さんによる豪華LIVE、並びに恒例の盆踊り大会もあり、2日間で過去最高の延べ69,000人もの方々にご来場いただきました。
 最高の50周年記念事業となり、摂津市の夏の思い出に新たな1ページが刻まれました。
 事前準備から当日の運営、会場の後片付けと、大変暑い中ご協力をいただきました関係者やボランティアの皆様に、心からの感謝を申し上げます。

08/05 :今週末は、第41回摂津まつりです(8月5日)

摂津まつり設営の激励摂津まつり設営の激励第41回摂津まつり  今週末の8月6日と7日は、41回目の摂津まつりが開催されます。本番に向けて、まつり振興会等の皆様が会場設営にあたられており、昨日はその激励に行ってまいりました。
 2日間にわたって、非常に大勢の来場者をお迎えするイベントでありますので、その裏方を担っていただく振興会の皆様には、連日の酷暑のなか設営等の準備に多大なご苦労をおかけしておりますこと、この場をお借りして改めて感謝申し上げます。
 市制施行50周年という節目の年を華やかに彩る今回の摂津まつりでは、山本リンダさんや前田由紀さんのライブ、テツ&トモさんによるお笑いライブのほか、ガンバ大阪さんのステージパフォーマンス、バトン演技や和太鼓演奏と、盛りだくさんの内容となっています。また日曜日の20時からは、櫓を囲んでの盆踊りもありますので、皆様のご来場をお待ちしております。

07/25 :歩きスマホは、あきません!(7月25日)

歩きスマホ防止啓発歩きスマホ防止啓発歩きスマホ防止啓発  摂津市では、3年前から「歩きスマホ アカン隊」を結成し、歩きながらのスマートフォン操作の危険性を啓発してきました。
 先週末、屋外で端末を操作することで楽しめるゲームアプリが日本国内でも配信されました。このゲームは諸外国で先駆けて配信されており、まさに「歩きスマホ」によって様々な社会問題を誘発しているとニュースになっております。国内においても事件・事故の可能性が懸念されておりましたことを受け、JR千里丘駅構内において歩きスマホ防止の啓発を実施することといたしました。
 スマートフォンで各種のアプリを楽しんでいただくことは様々な面で有効ではありますが、過度な使い方によっては、思わぬ弊害ももたらされます。歩きスマホによって自身が加害者になってしまう可能性だけでなく、特に子供やお年寄り、また女性の皆様は、ひったくりや痴漢の被害に遭うことも想定されますので、利用にあたってはしっかりとルールを守っていただきますよう、くれぐれもよろしくお願いいたします。

07/22 :摂津高等学校 表敬訪問(7月20日)


 7月20日、摂津高等学校からオーストラリア バンダバーグへ短期留学する21名の生徒のみなさん及び、全国高校総体(インターハイ)に出場される陸上部の生徒のみなさんが、摂津市役所にお越しくださいました。
 本市とオーストラリラ バンダバーグとの友好都市締結が平成10年に実現し、これまでに本市国際交流協会を通じてバンダバーグとの交流を深め、平成24年には摂津高等学校とバンダバーグ セント・ルークス校が友好締結を行いました。
 摂津高等学校が友好締結を行ってから今回で5回目のバンダバーグへの訪問となります。
 留学先では、「食生活」・「気候」・「風土」などの様々な文化や環境の違いに気付かれると思います。貴重な時間を有意義に過ごし、将来に役立てていただくことを期待いたします。
 また、全国高校総体に出場される陸上部のみなさんは、地区予選から始まり、大阪大会・近畿大会を勝ち抜いてこられ、今月28日に岡山市で行われる全国高校総体に臨みます。
 出場種目は、「走り幅跳び」・「走り高跳び」・「幅跳び」・「三段跳び」・「800m走」の5種目です。
 お越しいただいた際に、みなさんと一緒に「入賞を目指してがんばるぞ!」と気合いを入れ、エールを送りました。
 全国高校総体に出場される6名のみなさんには、悔いのないよう、全力で頑張っていただきたいと思います。
 私も先頭に立って、全力で応援いたします。

07/21 :「すいか贈呈式」(7月14日)



 佐竹食品(株)から市内の障害児者施設へ対しまして、『すいか』を寄贈いただけるということで、7月14日に市役所ロビーにて「すいか贈呈式」を実施いたしました。
 本市には、障害児者の施設が数多くあり、贈呈式において、大勢の皆様にお集まりいただきました。
 佐竹食品(株)は、社会福祉活動の一環として、摂津市だけでなく吹田市や茨木市等の市内福祉施設にも『すいか』や『みかん』等を寄贈されております。
 梅原社長からは例年、この時期に“糖分”と“ミネラル”が豊富に含まれる『すいか』をたくさん寄贈していただいており、ありがたく大変感謝いたしております。
 お集まりいただいた皆様には、寄贈いただいた『すいか』を食べて、この夏を乗り切ってほしいと思います。
心温まるプレゼントを本当にありがとうございます。

07/19 :摂津市民生児童委員協議会創立60周年を祝う!(7月6日)



 摂津市民生児童委員協議会が創立60周年を迎えられましたこと、こころよりお祝い申し上げます。
 貴協議会におかれましては、博愛・奉仕の精神のもと多岐にわたり社会福祉活動に取り組まれ、本市福祉行政の推進に多大なるお力添えを賜っておりますことに深く敬意を表しますとともに、心から感謝申し上げます。
 民生児童委員の皆様方には、地域の身近なお世話役として市民生活全般の相談をはじめ、安全で安心な暮らしに必要な行政サービスの提供にご協力いただくなど、地域と行政とをつなぐ最先端を担っていただいておりますことに、改めて厚くお礼申し上げます。
 結びに、貴協議会の更なるご発展と、野口会長はじめ委員の皆様方のご健勝ご活躍を祈念申し上げ、創立60周年にあたってのお祝いの言葉といたします。

07/04 :鳥飼小学校区「さわやかカフェ」(7月1日)

鳥飼小学校区さわやかカフェ鳥飼小学校区さわやかカフェ鳥飼小学校区さわやかカフェ  鳥飼小学校区福祉委員会の皆様が、旧教育研究所跡地の“さわやか広場とりかい”で毎月1回実施されている「さわやかカフェ」が、スタートから1周年を迎えられました。
 誰もが気軽に立ち寄ることができるコミュニティカフェとして、毎月第一金曜日にオープンするこのカフェでは、美味しいコーヒーや紅茶をいただきながら、おしゃべりや将棋、オセロなどを楽しむほか、絵本を読んだり寛いだりと、自由に交流を楽しめる居場所となっております。
 1周年を迎えたこの日に、延べの来場者数が600名を超えるほど、地域の皆様にはすっかりお馴染みのカフェとして親しまれている様子でありました。
 老若男女を問わず、いろいろな方が集い、つながることのできる交流の場として多くの方々にご来場いただき、今後もますます「さわやかカフェ」が賑わいますことを期待いたしますとともに、毎月の実施にご尽力いただいております校区福祉委員の皆様に、心より感謝申し上げます。
ページの先頭へ戻る