所有者不明猫避妊・去勢手術助成金について

更新日:2018年04月20日

平成30年度 所有者不明猫避妊・去勢手術助成制度

 所有者不明猫とはいわゆる野良猫のことを言います。摂津市内に生息する野良猫の繁殖を防ぐため、野良猫に避妊・去勢手術を実施された方へ手術費用の一部を市で助成します。

助成対象

  • 対象者…摂津市民・摂津市内自治会
  • 対象猫…摂津市域に生息する所有者不明猫
  • 対象期間…平成30年4月1日~平成31年2月28日
  • 助成金額…1匹あたり5,000円(手術費用が5,000円を下回る場合は手術費用の額)
  • 助成回数…個人:同一世帯につき5匹まで
    自治会:同一団体あたり20匹まで

助成までの流れ

1.受付

野良猫に対し、避妊・去勢手術を受けさせようとする方は事前に摂津市環境政策課までお越しください。

捕獲予定場所や猫の特徴等を聞き取った後、お渡しする誓約書にサイン、押印いただき、申請書と請求書をお渡しいたします。

受付の際はご印鑑を必ずお持ちください。

誓約書には必ず本人がサインしてください。(自治会の場合は自治会長名)

↓誓約書は以下からダウンロードできます。記入後、ご持参いただいても結構です。

誓約書

誓約書内容をご確認ください。ご誓約いただけない方は助成を受け付けられませんのでご了承ください。

2.捕獲・手術

受付後、対象である野良猫の捕獲となります。捕獲に必要な機材、餌などはご自身で準備してください。

捕獲後、手術前の猫の写真を撮っておいてください。

手術を行う動物病院の指定はありません。病院までの運搬もご自身で行ってください。

手術済みの猫を区別するため、手術後耳カット(片方の耳の先端をV字に切除する処置)を行ってください。耳カットを実施しない病院での手術は助成対象となりません。

手術後、動物病院に申請書内の手術証明書の記入を依頼し、手術後の写真を撮ってください。

写真は手術前と手術後で同じ猫だとわかるように、また耳カット前後が明確にわかるように撮影してください。わかりにくいものは助成できない場合があります。

3.申請・請求

申請書、請求書を作成し、環境政策課までご持参ください。いずれも日付、金額欄は記入しないでください。

猫1匹につき1枚ずつ必要となります。

申請書に添付するもの
  • 領収書(写し不可)
  • 手術前、後の写真(耳カットがわかるように撮影してください)

↓申請書、請求書は以下からダウンロードできます。受付されていない方からの申請書、請求書はお預かりできません。

申請書・請求書

手術の際、病院へお持ちください。日付、金額は空けてください。

申請者と請求者と口座名義人の名前が必ず一致するようにしてください。日付、金額は空けてください。

4.交付決定・口座振込

申請内容を審査後、交付決定通知書を送付させていただきます。

交付が決定された方については通知後約1か月以内に請求書にご記入の口座へ交付金決定額を振り込みますのでご確認ください。

注意事項

  • 手術後の野良猫は元の場所に返してください。元は野良猫でも、飼い猫とするつもりで手術を行う場合は助成対象となりません。
  • 捕獲の際、近隣の方のご迷惑になるような行為は禁止いたします。
  • 助成までの流れをよくご確認いただき、流れに沿って手続きください。すべての手続きを同一年度内に行ってください。
  • 各動物病院によって手術料金が異なりますので、事前にご確認ください。

ご不明な点ございましたら、下記までお問い合わせください。

配布チラシ

摂津市所有者不明猫避妊・去勢手術助成制度について詳細記載しておりますのでご覧ください。

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。