ページの先頭です

Q.寝つきが悪く大変です。工夫できることはありますか。

[2016年8月5日]

 生まれたばかりの新生児期では1日平均18時間くらい、長い赤ちゃんは20時間くらい、1日の生活のうち、ほとんど寝ています。  

 しかし、月齢が進むにつれて授乳の間隔を中心としたリズムができてきます。寝つきが悪い場合は、まず赤ちゃんが眠りやすい環境を整えてあげましょう。

 例えば、暑すぎたり寒すぎたりしないよう、室温、寝具、衣服の調整などがあります。寝ぐずりなどの場合は、少し雰囲気を変えて夜風にあたる、子守唄を歌うなど、寝入りやすいように工夫してみましょう。

 環境を整えても睡眠時間が短いなら、それはその赤ちゃんの個性でしょう。また、赤ちゃんによっては寝入るときに、指をしゃぶったり、タオルをくわえたり、さまざまな習慣があります。安心して寝入るのであれば、そのまま見守ってあげましょう。

新生児~3か月頃

赤ちゃんは眠りと目覚めの周期が短く不規則ですが、それでも必要な睡眠量は取っていますので機嫌が良ければ心配いりません。

おおよそ3~4時間おきに起きては寝てのサイクルを繰り返しながら1日を過ごします。起きている時間は長くはありません。

この時期は授乳・ミルクの間隔を中心とした生活リズムが始まります。

3~5か月頃

まとまった睡眠が取れるようになってくる3~4か月頃からは昼夜の区別がはっきりとついてきます。

朝は日の光を浴びさせてあげることもよいでしょう。夜はテレビや電球などを消して寝やすい環境作りをしてあげましょう。

6か月~

離乳食も始まる頃、食事・排泄・入浴・遊び・外出など生活全体の中で少しずつ規則的な生活習リズムをつけていくと良いでしょう。

また睡眠のリズムも整いやすくなり、お昼寝も午前と午後2回にまとまっていきます。

乳児後期になれば、お出かけの機会も増えいきますので、お昼寝前に体をいっぱい使った遊びをしてあげることも大切です。

 

 

子育てQ&Aはアドバイス(Advice)のひとつです。

子どもの成長はひとりひとり違い、心配事や疑問が生じる時期も解決方法も同じではありません。

心配事がある時は、一人で抱え込まずに相談してみましょう。

電話相談や育児相談をご利用ください。

場所 : 市立保健センター

日時 : 毎月第3木曜日 午前10時~11時

対象者 : 0歳~6歳の乳幼児及び、その保護者

個別相談…予約制  保健福祉課へ電話申込要 06-6383-1386

身体測定…予約不要

 

お問い合わせ

摂津市役所保健福祉部保健福祉課〔1階〕健康推進係

電話: 06-6383-1386


Q.寝つきが悪く大変です。工夫できることはありますか。への別ルート