ページの先頭です

第三者行為(交通事故等)による被害の届出

[2017年8月22日更新]

第三者行為(交通事故等)による被害の届出について

 第三者(加害者)の行為による傷病の治療に国民健康保険証を使う場合は、国民健康保険への届出が義務付けられています。

 本来、加害者に過失がない場合を除き、加害者が医療費を負担することになりますが、国民健康保険証を使うことによって、国民健康保険が医療費(一部負担金を除く)を一時的に立て替えて、後日加害者に請求します。

示談した場合はどうなるの?

 加害者との話し合いにより示談が成立すると、示談の内容が優先されるため、国民健康保険が立て替えた医療費を加害者に請求できなくなる場合があります。示談をする場合や、加害者から治療費を受け取った場合は必ず国民健康保険にご連絡ください。

届出には何が必要なの?

保険証、印鑑をお持ちください。 

そのほかに、以下のものを提出していただく必要があります。

第三者行為の届出書類一覧
 書類名 内容
 第三者行為による傷病届 被害者・加害者の情報や事故状況、保険の情報を記入していただきます。
 事故発生状況報告書 事故の発生状況を図と説明で詳細に記入していただきます。
 同意書 市が加害者に請求することに同意していただきます。
 誓約書 加害者に記入していただいてください 
 交通事故証明書 原本を1通提出してください。
 ※発行手続きは、事故発生場所の所管警察署へお問い合わせください。
 人身事故証明書入手不能理由書 物件事故扱いになった場合は提出してください。
 ※人身事故扱いの場合は不要です。
  
  
  

様式ダウンロード

お問い合わせ

保健福祉部・国保年金課・国保医療係