ページの先頭です

犬を飼っている方へ

[2017年4月3日更新]

犬を飼っている方、新しく飼う方へ

飼犬登録制度について

犬を取得した日及び生後90日を経過した日から30日以内に飼犬登録を行うことが、狂犬病予防法により義務付けられています。小型犬や室内犬含め、全ての犬が登録の対象となります。必ず登録手続をお願いします。

登録は生涯1回限りで、交付された鑑札は犬の首輪に付け、なくさないようにしてください。なくした場合は、再交付手数料が必要となります。

飼犬登録手数料:3000円/1頭

再交付手数料:1600円/1頭

狂犬病予防注射について

狂犬病は人に感染し発病するとほぼ100%死亡し、治療法がない恐ろしい病気です。狂犬病予防法では、毎年必ず狂犬病予防注射を受けさせ、市へ届け出ることが義務付けられています。

届け出のあった方には市から注射済票(プレート)を発行いたします。周りに注射が済んでいることを知らせるために、犬の首輪に付けるようにしてください。

平成29年度注射済票交付対象期間:H29年3月2日~H30年3月1日(この間に一度済票の交付を受けてください。)

狂犬病予防注射済票交付手数料:550円/1頭

再交付手数料:340円/1頭

届出の方法

(1)集合注射

摂津市では4月に各地域で狂犬病予防集合注射を実施します。日程、会場等は個別通知及びホームページに掲載します。近くの会場の時間帯をチェックし、会場までお越しください。注射と同時に済票の交付も行います。

(2)市内登録獣医

以下の4つの動物病院で接種すれば、同時に済票の交付を行います。

摂津市内狂犬病予防注射委託動物病院
動物病院名住所電話
安田獣医科病院千里丘1-11-1406-6388-5419
ジオジオ動物病院正雀3-10-1506-6319-2640
エルフ動物病院千里丘7-10-24-10106-6310-7232
エヴァ動物病院千里丘5-16-606-6388-9911

(3)その他かかりつけ獣医

4つの動物病院以外で接種した場合、病院で発行された証明書を環境政策課までご持参ください。窓口にて済票を交付します。

※集合注射以外は病院によって注射料金が異なりますので、各自でお問い合わせください。

飼犬と一緒に摂津市に転入した方へ

転入前の市町村の鑑札と摂津市の鑑札を無料交換いたします。環境政策課までご持参ください。※注射済票ではなく鑑札が必要です!

もし鑑札をなくした場合は、再交付手続きを行います。転入前の市町村での登録がわかるものがあればご持参ください。

転入前の市町村での登録がない場合は新規登録手続きとなります。

再交付手数料:1600円/1頭

新規飼犬登録手数料:3000円/1頭

飼犬と一緒に摂津市から転出する方へ

摂津市での鑑札を持って、転入先の市町村の担当課窓口で変更手続きを行ってください。

もし鑑札をなくした場合は、転入先の市町村で再交付手続きを行います。

変更手続きを行わない場合、摂津市での登録が残ったままとなってしまいますので、転出の際は人だけでなく犬の変更手続きも必ず行ってください。

 

その他に、所有者名の変更、市内転居等の変更が生じた場合でも、環境政策課まで必ずご連絡ください。

飼犬がなくなったとき

登録の抹消手続きを行いますので、環境政策課までご連絡ください。ご連絡がないと、登録が残ったままとなり、市からの通知を送り続けることとなってしまいます。

摂津市で火葬を依頼する場合の詳細はこちら

飼い主のマナーについて

最近、犬に関する苦情が多く寄せられています。

他の方に迷惑をかけないよう、飼い主のみなさんは次のことを守って飼いましょう。

●無駄吠えをさせない!

近隣の飼犬が四六時中吠えているので迷惑しているという苦情があります。まめに散歩に連れていったり、無駄吠えをしないようしっかりとしつけてください。

●放し飼いをしない!

おとなしい犬だから、夜だから、といって犬を放し飼いにする人がいます。飼犬による咬傷事件も過去に発生しています。近隣の方も安心できるよう、飼い主が責任をもって安全につなぐか室内で飼ってください。

●犬のフンを放置しない!

犬のフンの放置は、近隣住民の迷惑になるとともに、地域環境を悪化させる原因となります。飼い主の気づかないところで、被害を被っている方や清掃してくれている方々がいます。犬のフンは飼い主が必ず持ち帰りましょう。

 

犬の正しい飼い方(大阪府ホームページ)

お問い合わせ

摂津市役所 環境部 環境政策課
電話:06-6383-1364[直通](平日8:45~17:15)FAX:06-6317-3063
   06-6383-1111[代表](上記時間以外)