ページの先頭です

公共施設の太陽光発電設備・蓄電池が稼働開始しました

[2015年4月7日更新]

公共施設の太陽光発電設備・蓄電池が稼働開始しました

 大阪府再生可能エネルギー等導入推進基金を活用し、4月1日より以下の施設(避難所)で太陽光発電設備・蓄電池が稼働しました。太陽光を利用した再生可能エネルギーを導入し、災害に強く環境負荷の小さいまちづくりを目指します。

 ※災害による停電時に、約6kWの蓄電池で各施設の玄関やアリーナ、トイレ等施設の一部の夜間照明をまかないます。

 

 

今回稼働した太陽光発電設備・蓄電池

施設

太陽光発電設備

蓄電池

コミュニティプラザ

既設(31.68kW)

新設(約6kW)

子育て総合支援センター遊戯室

新設(約10kW)

新設(約6kW)

お問い合わせ

摂津市役所環境部環境政策課計画指導係


公共施設の太陽光発電設備・蓄電池が稼働開始しましたへの別ルート