ページの先頭です

社会保障・税番号(マイナンバー)制度

[2017年7月18日更新]

社会保障・税番号(マイナンバー)制度が始まります

社会保障・税番号(マイナンバー)制度とは

 

 マイナンバー(社会保障・税番号)は、住民票を有する全ての方に1人1つの番号を付して、社会保障、税、災害対策の分野で効率的に情報を管理し、複数の機関に存在する個人の情報が同一人の情報であることを確認するために活用されるものです。

 マイナンバーは、行政を効率化し、国民の利便性を高め、公平かつ公正な社会を実現する社会基盤であり、期待される効果としては、大きく3つあげられます。

(1)  行政機関や地方公共団体などで、様々な情報の照合、転記、入力などに要している時間や労力が大幅に削減されます。複数の業務の間で連携が進み、手続きが正確でスムーズになります。

(2)  添付書類の削減など、行政手続が簡素化され、国民の負担が軽減します。行政機関が持っている自分の情報の確認や、行政機関から様々なサービスのお知らせを受け取ることも可能になります。 

(3)  所得や行政サービスの受給状況を把握しやすくなり、負担を不当に免れたり、給付を不正に受けたりすることを防止するほか、本当に困っている人にきめ細かな支援を行えるようになります。

マイナンバーキャラクター マイナちゃん



マイナンバーキャラクター マイナちゃん

特定個人情報保護評価について

 特定個人情報保護評価とは、特定個人情報ファイル(マイナンバーをその内容に含む個人情報ファイル)を保有しようとする又は保有する国の行政機関や地方公共団体等が、個人のプライバシー等の権利利益に与える影響を予測したうえで特定個人情報の漏えいその他の事態を発生させるリスクを分析し、そのようなリスクを軽減するための適切な措置を講ずることを宣言するものです。

 この評価は、個人情報の管理などのマイナンバー制度に関する懸念を踏まえた制度上の保護措置のひとつです。事前対応による個人のプライバシー等の権利利益の侵害の未然防止及び国民・住民の皆さまからの信頼の確保を目的に行います。

詳細につきましては、特定個人情報保護委員会のホームページをご覧ください。

摂津市で特定個人情報を取り扱う事務の評価書を公表します。

評価書(特定個人情報保護評価委員会へのリンク)

情報連携を行う独自利用事務について

 情報連携を行う独自利用事務について、個人情報保護委員会が定める規則に基づき、事務の届出書を地方公共団体のホームページで公表することとされています。

※届出書についてはこちらをご覧ください。

情報連携の試行運用開始について

 マイナンバー制度における情報連携は、平成29年7月18日から試行運用を開始し、秋頃からは本格運用の開始を予定しています。

 情報連携の本格運用が開始されれば、マイナンバーを用いる事務手続において、これまで提出する必要があった書類(住民票の写し、課税証明書など)が省略できるようになりますが、当面3か月程度を予定している試行運用期間におきましては、従来どおりの書類の提出をお願いいたします。

事業者のみなさんへ

民間事業者みなさまも、税や社会保険の手続きで、従業員などのマイナンバーを取り扱うことになります。

詳細は、政府広報オンライン「法人向けのご案内」をご覧ください。

コールセンターについて

国において、コールセンターが設置されております。

マイナンバーについてご不明な点がある方や、さらに詳しい情報を知りたい方は、コールセンターまでお問い合わせください。

電話番号  0120-95-0178(無料)

 平日 9:30~22:00 土日祝 9:30~17:30(年末年始12月29日~1月3日を除く)

       ※ 一部IP電話等で上記ダイヤルに繋がらない場合(有料)

     ・ マイナンバー制度に関すること。(050-3816-9405)

     ・「通知カード」「個人番号カード」に関すること。(050-3818-1250)

   ※ 英語・中国語・韓国語・スペイン語・ポルトガル語対応のフリーダイヤル

      ・ マイナンバー制度に関すること。(0120-0178-26)

      ・ 「通知カード」「個人番号カード」に関すること。(0120-0178-27)

       (英語以外の言語については、平日9:30~20:00までの対応となります。)

Foreign language

関連リンク

お問い合わせ

摂津市役所 市民生活部 市民課
 電話: 06-6383-1360