ページの先頭です

様々な連携

[2015年7月10日更新]

国立循環器病研究センター河野雄平氏が講演(H27.1.23)

 平成27年1月23日、摂津市地域福祉活動支援センターにて、「国立循環器病研究センターの生活習慣病部門長 高血圧・腎臓科部長」の河野雄平氏をお招きして講演会を実施し、108名もの参加者で会場は満杯になりました。

 「高血圧の管理による循環器病の予防 ~生活習慣・環境と高血圧、循環器病、薬による高血圧治療と家庭血圧について~」の標題に講演で、高血圧は環境や遺伝に起因することや多くの循環器病の原因になりえること、また、血圧と食塩摂取の関係等をデータで示しながらお話しいただきました。その上で、高血圧の管理と循環器病の予防について、生活習慣の改善と薬による高血圧治療の大切さについて詳しく講演されました。

 講演のアンケートでは、「データを基にした説明で、血圧についてよく理解ができ、感謝します」「日常の生活で塩分の摂取を減らすことが必要だと勉強になりました」「血圧について知らなかったことや大切な薬のことなどを教えていただき、心配せずに薬を飲み続け生活を整えていきます」「血圧の薬についてその有効性が判ってよかった」等々の感想をいただきました。

河野先生の講演を真剣に聴く市民

国立循環器病研究センターが新たに参加 健康まつり大盛況(26.11.9)

 11月9日、保健センターで摂津市民健康まつりが開催され、雨天にもかかわらず1350人もの来場者で賑わいました。

 平成30年度に摂津市と吹田市にまたがる操車場跡地に移転が決定している国立循環器病研究センターのコーナーが今年度より新たに設けられたほか、歯みがき指導やフッ化物塗布などが行われた歯科コーナーをはじめ、血管年齢・肺年齢の測定や医師による健康相談や災害食講習会など、医師会や歯科医師会、薬剤師会など25団体の協力のもと健康や生活に役立つ情報発信・体験・相談などを行いました。

 健康や介護に関心のある多くの方の参加により、健康につながる生活習慣を意識していただけました。

森山市長と国立循環器病研究センター三石企画戦略局長が歓談

お問い合わせ

摂津市保健福祉部保健福祉課 健康推進係 
電話:06-6383-1386[直通](平日8:45~17:15) FAX:06-6383-5252
   06-6383-1111[代表](上記時間以外)