ページの先頭です

もやせるごみの出し方 (2016年10月より)

[2016年9月26日更新]

もやせるごみ

もやせるごみの種類には、「生ごみ」「可燃ごみ」「大型可燃ごみ」があります。

「生ごみ」「可燃ごみ」は、摂津市を安威川以北地域・安威川以南地域に分け、それぞれの地域を週2回収集。「大型可燃ごみ」は週の後半の曜日に収集します。

* 透明・薄い白色半透明袋を使用し、収集当日の朝9時までに家の前か決められた集積場に出します。

収集曜日については、こちらをごらんください→収集日程のページ

ごみの出し方パンフレットのダウンロードは、こちら→分け方・出し方パンフレット

 

生ごみ、可燃ごみ(週2回)

出せるもの

● 台所の生ごみ(生ごみは水切りを充分にしてから出してください)

 台所の臭気・水気のあるごみ・紙おむつなど、見られたら困るごみについては、レジ袋を内袋として使用してけっこうですが、最小限の使用をお願いします。 

● 掃除ごみ、紙おむつ等 (汚物は取り除いてください)

● 木の束、草、植物のツルや剪定した枝葉などは、計3つまで

*入るものは透明・半透明袋を使用してください。   

 

<2016年10月より追加された品目>

  • インスタント食品などの容器(カップめん、焼きそば、納豆など)
  • 食品・乳酸菌飲料などの色プラ・透明プラ容器(コンビニ弁当、卵パック、惣菜、豆腐、ヨーグルト、プリンなど)
  • インスタント、冷凍食品、野菜、パン、お菓子などのビニール・プラ袋
  • くだもの・野菜などの網ネットや発泡スチロール製保護ネット
  • ラップ類、緩衝材(プチプチなど)、レジ袋
  • タレ、つゆなどのプラ容器(しょうゆ、ソース、焼肉のたれなど)
  • マヨネーズ、からし、ゼリーなどのチューブ容器
  • ビタミン剤、目薬、うがい薬などのプラ容器
  • ぬいぐるみ
  • 台所・玄関・風呂などで使う布製のマット ※裏ゴムつきも可
  • 発泡スチロールブロック ※大きな物は割って出してください
  • ペットボトルのキャップ

なお、透明袋の内側に新聞・広告などを使用しての動物よけは、しないでください。
 

大型可燃ごみ(週の後半1回)

出せるもの

● 木製家具類(タンス、テレビボード、机、イス、鏡台など)

  • 1回につき、1個程度(分解できる場合は、分解してください)
  • ガラス、鏡などははずしてください(はずせない場合は、本体ごと「もやせないごみ」に出してください)

  *はずしたガラス・鏡は「もやせないごみ」で出してください。

● ふとん(1回につき、1枚程度)

● 毛布

注意点 これらは従来通り「もやせないごみ」で出してください。

● カーテン、カーペット、じゅうたん

● かばん、バック、くつなどの皮製品

● ボール、ゴムホース、ゴム手袋などのゴム製品

●容器包装以外のプラスチック製品(例:プラバケツ、事務用品、プラ小物、おもちゃなど)

 

* 大量にごみが出る場合は、「臨時ごみ」扱いになります。事前に環境業務課に連絡してください。

臨時ごみについては→臨時ごみ・引っ越しごみの案内のページへ

お問い合わせ

摂津市役所環境部環境業務課(環境センター内)

電話: 072-634-0210 FAX: 072-634-2318