ページの先頭です

 パッカー車の火災事故

[2016年4月1日更新]

緊急事態 パッカー車から火災発生!! 

 平成25年10月23日水曜日に、安威川以南地域の「もやせないごみ」の収集作業中に車両火災が発生しました。

 収集作業員がパッカー車から煙が出ていることに気づき、ただちに住宅街から外れた安全な場所へ移動し、パッカー車からごみを出して、他のパッカー車の応援のもと、消火活動を行い、被害を最小に抑えることができました。

 鎮火後、警察・消防による現場検証を行い、火災の原因となるごみと車両の被害状況が明らかになりました。火災の原因は“中身の入ったカセットボンベとライター”でした。

 今回は、住宅外にすぐ移動できたことと、パッカー車を開ける場所があったことが幸いし、写真程度の被害ですみました。しかし、あと数分遅れていた場合、配線・油圧等が損傷し、ごみを出す部分が作動せずにパッカー車両ごと燃え上がってしまうことにもなりかねませんでした。

 車両火災が頻繁に発生すれば、車両が使えなくなり、ごみや資源を回収することができなってしまうだけでなく、火災が周辺に拡大する恐れもあります。ごみや資源を出すときは分別ルールを守って、「ごみの分け方・出し方」チラシをご確認お願いします。

※火災の原因、被害状況は写真をご覧ください。

消火後の様子

パッカー車の被害状況(配線コード類が破損しました。)

火災の原因となった“カセットボンベとライター”

カセットボンベやスプレー缶、ライターの出し方

■カセットボンベやスプレー缶は中身を使い切って「缶・びん」の日に出しましょう。

■ライターは乾電池と一緒に「もやせるごみ」の日にもやせるごみと“別の袋”に入れて、乾電池と書いて出してください。

※これからお鍋のシーズンとなり、カセットボンベを使用する機会が増えてくると思いますので、カセットボンベを出すときは、分別ルールを守って排出をよろしくお願いします。

※ごみや資源の出し方については、皆様にお配りしている「ごみの分け方・出し方」チラシをご参照ください。ごみの出し方でわからないことがございましたら、お気軽に環境業務課までお問い合わせください。

お問い合わせ

摂津市役所環境部環境業務課(環境センター内)

電話: 072-634-0210 FAX: 072-634-2318