ページの先頭です

阪急京都線(摂津市駅付近)連続立体交差事業について

[2016年3月10日更新]

阪急京都線(摂津市駅付近)連続立体交差事業について

 本市の長年の懸案であった阪急京都線連続立体交差事業が平成25年度よりスタートしています。

 同事業は、大阪府が事業主体となり、阪急京都線摂津市駅を中心に、山田川から大正川付近(一部茨木市域)までの全長約2.1kmの区間(下図)で、線路を高架にすることによって踏切をなくそうというものです。交通渋滞や踏切事故が抜本的に解消されるとともに、地域分断の解消及び沿線地域の活性化などを図ることができます。

 平成26・27年度は、沿道周辺において、事業化に向けた設計・測量などの調査を行います。その後は、鉄道の高架化や関連側道などの都市計画案の策定を行い、事業認可を取得し、早期の事業完成を目指します。

 事業概要についてはこちら

連続立体交差事業の概要

【連続立体交差事業検討区間】

地元説明会の開催

平成25年9月18日(水)、21日(土)、24日(火)に摂津市コミュニティプラザにて阪急京都線(摂津市駅付近)連続立体交差事業の説明会を実施しました。(参加者約400名)

 本説明会は、今後、都市計画決定や都市計画事業認可の手続きを進めるのに先立ち、必要な調査を実施することを地域の皆様にお知らせするために開催いたしました。

 

 

  

連続立体交差事業とは

「連続立体交差事業」とは?

「大阪府の連続立体交差事業」は?

下記のページをご参照下さい。(大阪府ホームページ)

http://www.pref.osaka.jp/toshikotsu/renritsujigyoutoha/index.html

沿線にお住いの方、新築・改築等をご検討されている方へ

沿線にお住いの方又は権利を有する方で、連続立体交差事業にご関心のある方、または新築・改築等をご検討されている方は、都市計画課(市役所新館5階)までお気軽に問い合わせ下さい。

お問い合わせ

摂津市役所建設部都市計画課計画係

電話: 06-6383-1405